大光明 7月

ウクライナ支援イベントの継続と、8月の盂蘭盆供養祭の霊牌祭祀を!

教化部長 大塚 和富
教化部長 大塚 和富 ロシアがウクライナに軍事侵攻して3ヵ月経過しました。依然として戦争終結には至らず、悲惨な状況になっているウクライナの人々に対して、生長の家のウクライナ支援イベントは6月以降も続いています。

 私たちができることとして、5月号の『大光明』や機関誌『生長の家』5月号に案内されているウクライナ支援イベント「P4U――ウクライナに平和を」を継続して実践しましょう。

 ①ウクライナ緊急支援募金は、6月以降も継続されることになり、5月末までの募金額の寄付先は、国際連合世界食糧計画WFP協会でしたが、6月からは、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)と、日本ユニセフ(日本ユニセフ公益財団法人)の2団体に変更されることになりました。
 寄付の割合は、6(UNHCR)
:4(日本ユニセフ)とすることになっています。引き続き、皆さまの募金活動への協力をよろしくお願いします。

 ②友愛の情の表現として、ウクライナの国旗の色を使った様々な物品を手作りし、5月末までに福岡県教化部に提出してもらうことになっていましたが、
38名の皆さまから43点の手作り品が寄せられました。
 コロナ禍でもありましたので、手作り品をスマホ等で撮ってラインのネットフォーラムやフェイスブックに写真を貼り付けて提出していただきました。寄せられました手作り品
43点を教区の拡大五者と教化部幹事の計8名で慎重に審査をし、その中から最優秀賞1名、優秀賞2名、努力賞2名、敢闘賞2名、佳作3名の計10点を選出し、該当者には記念品としてウクライナで製作された物品を授与させていただきました。
 残念ながら選出されなかった該当者にはご協力いただいたことに感謝し、参加賞としてウクライナのお菓子を送らせていただき
ました。詳細についてはこちらをご覧ください。

宝蔵神社盂蘭盆供養大祭は今年も中止

 8月17日~19日に開催が予定されていました「第67回宝蔵神社盂蘭盆供養大祭」は、今年も新型コロナウイルスの感染のため、三密(密接・密閉・密集)が避けられないために「中止」となりました。
 3年連続となります。しかし、宇治別格本山では盂蘭盆供養祭として宇治別格本山職員によって執り行われます。毎月開催されている福岡県教化部の先祖供養祭、北九州道場、久留米道場、大牟田道場で行われている先祖供養祭で奉納された霊牌は、今年の盂蘭盆供養祭にて祭祀されます。
 
 この機会に組織会員や聖使命会員の皆さまは、先祖代々親族縁族一切の御霊、個別霊、流産児の御霊をそれぞれの霊牌に記載して奉納しましょう。聖経『天使の言葉』の一節には次のように示されています。

 「(前略)肉体を去りたる『念』は、その念の力にてなお一つの個性を持続し、幽界に於て生活をつづけん。汝らの霊魂と称するもの是にして、『念』の浄まるに従ってそれに相応わしき高き霊界に入り、『念』の浄まらざるものは、それに相応しき環境を『念』の力にて仮作し、その環境にいて苦しまん。(後略)」霊界に逝かれた親族縁族の御霊に真理の供養を施すことにより、一層悟りを深め高き霊層に昇りゆき、そのお導きにより吾々の現象生活が導かれて幸せな生活を送ることに繫がります。皆さん霊牌供養をしましょう。

 

 

2022年度の全国幹部研鑚会・全国大会の代替策

「生長の家“新しい文明”の基礎を作るためのネットフォーラム2022」の開催

<行事名称>… 生長の家“新しい文明”の基礎を作るためのネットフォーラム2022

<テーマ>… ウクライナ危機に際し、世界平和のために学び、祈り、行動しよう

<目的>…

  • ⅰ)PBSイベントとして開催されている「P4U―ウクライナに平和を」の活動に参加した体験等の発表を通して、参加者に同イベントへの参加を勧める。
  • ⅱ)ウクライナの人々に心を寄せて、幹部・会員が、「世界平和の祈り」新バージョンを実修するとともに、ウクライナ難民への直接的な支援になる緊急支援募金に積極的に参加することを勧める。
  • ⅲ)長期的な視点では、環境・資源・平和の問題は密接に関係していることを踏まえ、“新しい文明”の基礎を作る活動が、環境問題や資源問題の解決に貢献して、世界平和を実現する道であることを確認して、今年度の各組織の運動を力強く推進する機会とする。

<配信日程>… 5月27日(金) ~ 6月26日(日)まで

<参加対象>… 白鳩会、相愛会、青年会の組織会員、組織会員である栄える会会員

<配信方法>…
 生長の家公式サイト上に開設した特設ページにおいて、オンデマンド配信が実施されるのでインターネットの利用ができる、白鳩会、相愛会、青年会の組織会員、組織会員である栄える会会員は視聴できる。
なお、組織会員の中でスマ−トフォンやパソコン等の機器の操作が苦手で、インターネットの利用が難しい方、また通信機器をお持ちでない方には、新型コロナウイルスの感染症の拡大防止対策をとり、上映会を設置し、テレビ画面にて視聴する。

 

公開Facebookグループ「P4U―ウクライナに平和を」

ウクライナ支援イベント「P4U―ウクライナに平和を」
「P4U―ウクライナに平和を」趣意書pdf
 このグループは、生長の家が開催しているイベント「P4U―ウクライナに平和を」を紹介します。(P4Uとはピースフォーウクライナの略語です)
 このイベントはウクライナ支援イベントとして生長の家国際本部が企画。ウクライナのことを知り心を寄せる人の輪を広げ、支援活動につなげます。
 既に多くの団体が支援募金を呼びかけ、生長の家でも募金活動を開始。私たちはさらにウクライナの国・人々をよく知ることが重要だと考えています。本当の意味での支援を実施するには、その相手を知ることが重要と考えるからです。※趣意書参照

【やってみようアクション5】
  1. ウクライナの歴史・文化・芸術について書籍・新聞・ネットで学び、心に残ったことを投稿する。
  2. 自転車でウクライナの国旗色、青と黄色のある風景・建物・看板・モノなどを探し自転車と一緒に写真を撮る。
  3. ウクライナ料理やそのアレンジ料理に挑戦する。肉を使う料理の場合は別の食材で代替しレシピを共有する。
  4. 食料不足で苦しむウクライナの人々を想い一汁一飯を実施、浮いた食事代を募金に充てる。
  5. ウクライナの伝統工芸品作成に挑戦、同国の国旗に使われている色でクラフトする。

【参加方法】
 Facebookを利用している方であればどなたでも参加出来ます。Facebookホーム画面でP4Uを検索、生長の家のグループであることが確認出来たら参加ボタンを押して下さい。参加をお待ちしています。

 

世界平和の祈り

世界平和の祈り

神の無限の愛、吾に流れ入り給いて 吾において愛の霊光燦然と輝き給う
その光いよいよ輝きを増して 全地上を覆い給い
すべてのウクライナの人々の心に、 すべてのロシアの人々の心に
そして、世界のすべての人々の心に
愛と平和と秩序と中心帰一の真理を満たし給う

神の無限の愛、吾に流れ入り給いて吾において愛の霊光燦然と輝き給う
その光いよいよ輝きを増して全地上を覆い給い
すべての人々の心にそして、すべての動物、植物、菌類の御中みなか
愛と平和と秩序と 中心帰一の真理を満たし給う