生長の家福岡県教化部
■ホーム    ■生長の家の教えとは    ■沿 革    ■環境への取り組み    ■大光明
組織だより ゆには練成会だより 行事のご案内 教化部・道場のご案内 リンク
大光明
コトバは全てに先立つ

教化部長 矢野 俊一

 『観世音菩薩讃歌』の「観世音菩薩を称うる祈り」に、“コトバの力”に関する一節がある。
 「自己の想念するところのものが外にあらわれ、自己の信ずるところのものが外界にあらわれ、自己の語るところのものが他者にあらわれるのである。想うこと、信ずること、語ることが予言となって、やがて実現する時期がくるのである。」

 また仏教の「因果経」の中にも、「過去を知りたければ現在を見よ。未来を知りたければ同じく現在を見よ」との言葉がある。「過去を知りたければ現在を見よ」とは、過去にどんな思いを起こし、どんな言葉を出し、どういう行いをしてきたか、その「思い」と「言葉」と「行動」の総決算が、現在に現れるということである。また「未来を知りたければ現在を見よ」とは、今の思いと言葉と行動が未来に展開してくるということである。

 ある母親は、中学生の息子の反抗と成績不振で困りぬいていた時、生長の家の講師から『どんなことがあっても、「大丈夫、これで良くなる、きっと良くなる、どんどん良くなる」というコトバを唱えなさい』と指導された。その助言に従い「大丈夫、これで良くなる、きっと良くなる、どんどん良くなる」と繰り返し唱えていたところ、小さなことに引っかからなくなったそうだ。すると3ヵ月ほど経った頃、不思議と子供の反抗も消え、成績を含めていろいろな点でどんどんよくなってきたという。いまでは何が起こっても動ぜず、それどころか、まず「これでよくなる、きっとよくなる。大丈夫!」という言葉が自然に口をついて出てくるようになったのである。

 『日時計日記』も同様。日々、明るい良いことを認めて書いている内に、心が習慣化して、明るくよき思いが自然に心の中に充満してくる。“継続は力なり”ぜひ書き続けよう。
 総裁・谷口雅宣先生は「善を認めて褒める」ことの大切さについて、次のように書かれている。

 『「悪を認めて戦う」というのが従来の宗教のやり方ですが、それはことごとく失敗しています。そうではなく、生長の家は「悪は無い」という立場だから、「善を認めて褒める」のです。あらゆることに善を認める。(中略)マスメディアが伝えるニュースは、世界中の“悪いもの”を選んで集めて、それを上手に料理して私たちに出してくれるのですから、そのような報道をもってきて、それがそのまま世界の全相だというのは間違いだと思います。むしろ我々は、マスメディアが取り上げない“良いこと”を見つけて、その良いものを褒め称えることによって、その良いものを広げていくという立場でやっていきたい。』(『足元から平和を』281〜282頁)

 

Topへ

 

 


  

 11月21日、22日に「生長の家秋季大祭」が執り行われます。この秋季大祭は生長の家にとって特別な日になります。生長の家創始者谷口雅春先生が、お生まれになった日であること。また、昭和53年に龍宮住吉本宮が落慶された日であることです。龍宮住吉本宮落慶に際して、谷口雅春先生が信徒にこのように語られました。

 《 住吉大神、宇宙を浄め終わりて、天照大御神出でましぬ
  そのやうな状態に、皆さんの魂がなつてをられる。(中略)
  住吉大神出でまして宇宙を浄め給ふ
  宇宙を浄める力が皆さんに宿つてゐるのであつて、これは決して
  小さな地球だけのことではないんです。
  しかし吾々は地上に生まれて、先づ地球上の人類が浄まることに
  よつて、その霊波が宇宙全体を浄めるといふことになる、その中核
  体であるわけですから、これはもうまことに素晴らしいと思ふんです 》

 住吉大神の全身全霊として、世界浄化の光が私達1人1人の中に輝いているのです。その様な素晴らしい力を自覚し、益々光明化運動が躍進する絶好の機会です。是非秋季大祭にご参加下さい。
 

   日   程  1121日(火) 〜 22日(水)
           21(火)各地よりバス配車
                  ↓
               総本山12:00頃到着予定
               《龍宮住吉本宮秋季大祭》
               終了後、総本山宿泊
          22(水)《大聖師御生誕日記念式典》
               終了後、総本山12:30頃発
                  ↓
               各地へ

   宿 泊 先  生長の家総本山
   参加費用  8,000
 

 

 

 

Topへ


   

世界平和のための鎮護国家特別誓願をお申込下さい

 龍宮住吉本宮秋季大祭において「世界平和実現のための特別誓願」が実施されます。私たち1人1人が、神の子の自覚を深めることのみならず、世界中のあらゆる国々の実相顕現を願い、「世界平和実現のための特別誓願」を致しましょう。

【世界平和実現のための特別誓願券の記入とお申し込み方法】
「世界平和実現のための特別誓願」の誓願文記入欄に
  「私は神・自然・人間の大調和による宇宙浄化・世界平和を誓願致します」 
 と誠心を込めてお書きになり、奉納金2,000円以上を添えて、各地の相愛会長・支部長・単青委員長にお渡し下さい。

 今回の秋季大祭に奉納する誓願券の教化部提出締め切りは11月8日です。尚、総本山よりみしるしが郵送されますので、必要な方は「希望する」に○を付け、住所、氏名を正確に記載して下さい。

 



Topへ


   


人型の納め方
(1)「大祓人型」は、図のように、本人の自筆で氏名と年齢を記入し、人型で全身をなでて息を吹きかけて御本人の霊波を「大祓人型」に移してください。

(2)人型は1人につき、同じものを2枚書いてください。1枚は教化部で執り行う大晦大祓式用で、もう1枚は生長の家総本山・龍宮住吉本宮での大祓用です。

(3)奉納金は1人2枚で300円以上です。最寄りの相愛会、白鳩会、青年会より口座引落し払いでご奉納ください。

(4)人型受付の締め切りは12月8日までとなっておりますので、お早めにご奉納ください。

 

Topへ

 

 

生長の家福岡県教化部