カタログ請求 ご要望・ご質問 リンク
製品検索
近刊情報...| ...代表的な書籍...| ...ブックレビュー...|...ランキング...|...聖典ガイド
 

書籍名、著者名、製品コード、等を入力して検索ボタンをクリックして下さい。
検索文字を複数入力する場合は、半角スペースで区切りAND条件またはOR条件にチェックを入れて下さい。

 

登録製品数:1818件    
AND条件OR条件
目次からも検索する
(※ 目次からも検索するのチェックはすべてから検索を選択した場合のみ有効になります。)

分類検索 [和訳書籍]:123件

並べ替え:


【No.1 〜 No.20】 / 1 2 3 4 5 6 7次の20件      


(書籍)

◆ No.1 愛とゆるしの心理学 −罪の意識を解放する人生のレッスン− <ジョーン・ボリセンコ(著)/中塚啓子(訳)>

製品コード:108097
(発刊日:19960210)【\ 2,307】
........ 私たちの心は幼い頃からの「罪の意識」に縛られ続けている--無意識の罪悪感や、不健康な恥・無力感からあなたを解放し、人生を許しと癒しの機会に変える、パワフルな愛の心理療法。



【 現在 品切です】


(書籍)

◆ No.2 愛の直観力 −ベスト・パートナーに出会う心のレッスン− <ローラ・デイ(著)/甲賀美智子(訳)>

製品コード:108126
(発刊日:20000525)【\ 1,749】
........ あなたの理想の恋がかなう、新しい愛の心理学!●私たちは無意識の中に眠る「愛の直観力」を目覚めさせることによって、1.「本当の自分」を知り、2.どんな恋人を求めているかを具体的に明らかにし、3.男性への無意識の恐怖など心の問題を克服して、4.運命の恋人を引きつける魅力的な自分をつくる。●すでに恋人のいる人でも、本書によってふたりの心の問題を克服し、ロマンティックな愛を深めていけます。6つのステップ、29のエクササイズで、愛のゴールに必ず到達する力を与えてくれる、楽しくパワフルな心のワーク。




(書籍)

◆ No.3 愛の波動を高めよう−霊的成長のためのガイドブック <アイリーン・キャディ(著)/山川紘矢(訳) 山川亜希子(訳)>

製品コード:108137
(発刊日:20031125)【\ 1,337】
........ 誰もが幸せになる霊的な生き方をやさしく紹介した本。40数年前から内なる神からのガイダンスを受け取ってきたアイリーン・キャディが学んだ知恵と、彼女が日頃使っている「内的な作業」をわかりやすく紹介。アイリーンの人生が示しているように、祈りや瞑想や自らへの問いかけなどの内面的な修養は、人生そのものを全く変えてしまう。本書『愛の波動を高めよう』はどのようにしたら内なる神の源とより深くつながることができるのか、日常生活にそのエッセンスを生かすことができるかについて、簡潔で確かな方法を示している。




(書籍)

◆ No.4 「あの世」からの帰還 −臨死体験の医学的研究− <マイクル・B・セイボム(著)/笠原敏雄(訳)>

製品コード:108042
(発刊日:19860522)【\ 2,380】
........ 医学的に"死んだ"とみなされながら生きかえった臨死体験者たちに直接インタビューし、彼らの回想する生死の境界での不思議極まるエピソードを収集・分析した世界初の本格的研究。



【 現在 品切です】


(書籍)

◆ No.5 生ける宇宙−科学による万物の一貫性の発見 <アーヴィン・ラズロ(著) 吉田三知世(訳)>

製品コード:108163
(発刊日:20080223)【\ 1,851】
........ 現在、科学の最前線では、近代以降の世界観・宇宙観を覆すような事実が次々と発見されています。すなわち、宇宙は分離した個別の事物によって成り立っているのではなく、万物は相互結合し、神秘的なまでに正確に微調整され、首尾一貫性を保っていることが明らかになりつつあるのです。古来、スピリチュアルな伝統においては、物質界と精神界は同じ一つのリアリティの二つの側面であり、人間と宇宙は一体である、と説かれてきましたが、科学はようやくその事実に気づき始めたのです。




(書籍)

◆ No.6 イスラ−ムへの誤解を超えて−世界の平和と融和のために <カリード・アブ・エル・ファドル(著)/米谷敬一(訳)>

製品コード:108165
(発刊日:20080720)【\ 1,851】
........ ◎―日本図書館協会選定図書―◎ 真のイスラームは暴力と流血とテロの宗教ではなく、「慈悲」「思いやり」「寛容」の宗教だ――大多数を占める穏健派イスラームの思想を明らかにし、世界の未来のためにイスラームの進むべき道を示した、世界的権威からの英知に満ちたメッセージ。地球上に13億人のムスリム(イスラーム信徒)が生活している現状において、この世界第2の宗教の人間観・道徳観・世界観を正しく知るための必読書です。読者の方々の、イスラームに対するイメージが大きく変わる本。




(書籍)

◆ No.7 遺伝子組み換え作物が世界を支配する <ビル・ランブレクト(著)/柴田譲治(訳)>

製品コード:108142
(発刊日:20041213)【\ 2,365】
........ ○食の福音か、災厄の始まりか?――知らない間に変容しつつある農業と食を、気鋭のジャーナリストが世界各地に取材。*遺伝子組み換え作物(GMO)は誰が、どのように開発したのか?*GMOは世界の農業と食をどう変えたのか?*なぜアメリカはGMOを推進し、ヨーロッパは反対しているのか?*そもそも人体や環境に影響はないのか?。本書はそうした遺伝子テクノロジーの農業利用の実態およびその社会的影響を、科学、政治、経済、文化、倫理等、さまざまな観点から多角的にとらえた出色のドキュメンタリーです。




(書籍)

◆ No.8 祈る心は、治る力 <ラリー・ドッシー(著)/大塚晃志郎(訳)>

製品コード:108135
(発刊日:20030315)【\ 1,646】
........ 祈りが「本当に」効くのは、なぜなのか。人間は、祈りには実際に病気を治す力があることを、古代より直観していた―― アンドルー・ワイル博士と並び世界的に有名な米国の医師・ラリー・ドッシー博士が、最新の医学研究をもとに実証する、祈りやがもたらす絶大なる「治癒効果」のすべて!




(書籍)

◆ No.9 いまここにいるわたしへ−新しい自分に気づく心のノート <ヒュー・プレイサー(著)/中川吉晴(訳) 五味幸子(訳)>

製品コード:108152
(発刊日:20060331)【\ 1,337】
........ ◎―日本図書館協会選定図書―◎ ●わたしとつながる、世界と出会う――アメリカ最高のスピリチュアル作家が綴った、人生をあるがままに、深く生きるための自己成長の書。 わたしたちの人生は、変化と矛盾と混乱にみちている。しかし予測できないこと、見たくないものから逃げようとすれば、日々の生活はいつのまにか生気を失い、色あせていく――そんな時わたしたちは、「自分の中心」から離れずに、気づきをもって生きなければならない。日々の迷いや葛藤の中でも、自分を見失わない力と、深い心の安らぎを与えてくれる、読者の魂に静かにしみこむ自己発見のノート。




(書籍)

◆ No.10 イメージの治癒力 −自分で治す医学− <M・L・ロスマン(著)/田中万里子(訳) 西澤哲(訳)>

製品コード:108067
(発刊日:19910222)【\ 1,780】
........ 人間に本来備わっている自己治癒力、生体防御力を活性化させる、イメージと思考とリラクセーションの驚くべきパワー! 難病をも克服し全人的な健康を獲得する、初のイメージ療法入門書。




(書籍)

◆ No.11 癒しのガーデニング <アーリーン・バーンスタイン(著)/上原ゆうこ(訳)>

製品コード:108108
(発刊日:19971015)【\ 1,646】
........ 子供との死別、夫との心の溝に苦しんだ著者が、庭仕事を通して"いのち"を育み癒す自然の愛に触れ、本当の自分と夫との絆を取り戻していく心の旅を綴った「癒しのエッセイ」。




(書籍)

◆ No.12 生まれ変わりの研究 −前世を記憶するインドの人々− <サトワント・パスリチャ(著)/笠原敏雄(訳)>

製品コード:108086
(発刊日:19941020)【\ 2,726】
........ 人間は本当に生まれ変わるのか? 「生まれ変わり現象」の科学的な証明法とは? 前世を想起するインドの人々の事例を徹底的に分析した、転生研究の世界的権威による詳細な報告書。




(書籍)

◆ No.13 永遠の別れ −悲しみを癒す智恵の書− <エリザベス・キューブラー・ロス(著) デーヴィッド・ケスラー(著)/上野圭一(訳)>

製品コード:108159
(発刊日:20070121)【\ 1,890】
........ 『死ぬ瞬間』の著者キューブラー・ロス、最後の本! "死とその過程"に関する著作、ここに完結――。死にゆく人は、死を受け入れるために《癒し》が必要です。しかし、残された人にも《癒し》は必要なのです「悲しみがあるなら、泣いて良いのよ。我慢することなんかいらないの!」数万人もの死にゆく人の最後を看取ってきたロス博士が、「愛する人を失った人」の深い悲しみを癒す方法を具体的に詳述。長い療養の末なくなる人、災害や事故で急になくなる人、認知症になってなくなる人など、さまざまな「愛する人の死」への対処法をケースバイケースで解説していますので、どなたが読んでも役に立ちます。そして、本書そのものが、ロス博士が死ぬ直前に残したメッセージなのです。




(書籍)

◆ No.14 叡知の海・宇宙−物質・生命・意識の統合理論をもとめて <アーヴィン・ラズロ(著)/吉田三知世(訳)>

製品コード:108144
(発刊日:20050401)【\ 1,749】
........ ◎―日本図書館協会選定図書―◎ 量子から銀河まで、無生物から人間まで、万物が示す驚くべき一貫性は何を意味しているのか? 世界賢人会議「ブダペストクラブ」を創設したシステム哲学者が提唱する、これまでの常識を覆す世界観。神秘思想においてアーカーシャ(虚空)として語られてきた、宇宙の一切を記録する見えざる情報場。現代科学はこの微細なエネルギーの海を「ゼロ・ポイント・フィールド」という概念で捉え、研究を始めています。その概念を援用しつつ、著者は本書で量子力学、宇宙論、生物学、意識研究の各分野における最新の成果を紹介し、万物の一体性・相関性を示す理論の可能性を追究しています。ものみなすべてが共鳴し響きあう、生き生きとした宇宙と生命のヴィジョンは、あなたの人生を根底から変えることでしょう。




(書籍)

◆ No.15 エマソン魂の探求 <リチャード・ジェルダード(著)/澤西康史(訳)>

製品コード:108103
(発刊日:19961215)【\ 2,516】
........ ◎―日本図書館協会選定図書―◎ 自然を師とし、個人の生を超えた生=「大霊」を感得しようとしたアメリカの詩人ラルフ・ウォルドー・エマソンの思想の全貌を、東西の神秘思想の流れに位置づけつつ解明した力作。




(書籍)

◆ No.16 エマソン入門 自然と一つになる哲学 <リチャード・ジェルダード(編著)/澤西康史(訳)>

製品コード:108119
(発刊日:19990125)【\ 1,749】
........ 19世紀、アメリカ哲学に大きな影響を与えたラルフ・ウォルドー・エマソン。彼は人間を、宇宙を統べる巨大な霊=「大霊」とつながる神聖な存在だと捉え、それと一つになる道を私たちに指し示した。本書では、こうした彼の哲学を分かりやすく解説。その思想を知る上で重要なエッセイも収録している。エマソンの魅力を存分に味わうための、哲学ファン待望のガイド。




(書籍)

◆ No.17 お金に好かれる人 嫌われる人 <マリア・ニームス(著)/石井礼子(訳)>

製品コード:108130
(発刊日:20010520)【\ 1,646】
........ あなたのお金は、いったいどこへ消えていったのか?どんなに頑張って働いても、なぜかお金が消えていくあなたの生活。5000人以上の人々の経済的危機を求`ってきたベテラン臨床心理学者による、人生立て直しのための「お金と心のエクササイズ」12章!本書を読み終えたころには、あなたの経済状態も人生もドラマチックに好転し始めます。




(書籍)

◆ No.18 カオス・ポイント−持続可能な世界のための選択− <アーヴィン・ラズロ(著)/吉田三知世(訳)>

製品コード:108158
(発刊日:20061014)【\ 1,337】
........ ○人口爆発、経済格差、民族紛争、地球温暖化……現代文明がこのまま進んでいくなら、とんでもない危機が早晩やって来ることは誰もが薄々感じていることでしょう。 その危機を回避できるか否かの岐路(カオス・ポイント)は2012年、そして、現在は揺らぎに満ちた「決断期」なのだ、と著者は言います。本書は、世界がカオス・ポイントを迎えるに至った経緯を解説するとともに、正しい方向への転換を起こすには、わたしたちの意識の進化が不可欠だとし、その具体的な方法を紹介しています。人類が存続できるかどうかは、もはやSFのテーマではないのです。




(書籍)

◆ No.19 ウィリアム・ジェイムズ入門 −賢く生きる哲学− <スティーヴン・C・ロウ(編著)/本田理恵(訳)>

製品コード:108117
(発刊日:19981015)【\ 1,512】
........ 19世紀後半、哲学と心理学の潮流に大きな影響を与えたウィリアム・ジェイムズ。あらゆる価値観を受け入れる「プラグマティズム」を掲げたジェイムズの哲学は、主義・主張が乱立する現代に生きる私たちに、多くのヒントを与えてくれる。本書ではジェイムズの思想とその著作を紹介。難解と言われる彼の哲学を、初心者にも分かりやすく解説した、ジェイムズを読むための初のガイド!




(書籍)

◆ No.20 神はいずこに−キリスト教における悟りとその超越 <バーナデット・ロバーツ(著) 大野龍一(訳)>

製品コード:108166
(発刊日:20081025)【\ 2,469】
........ 少女時代にカトリックの修道会で伝統的な観想修行を長年続けた著者は、その間に神との合一を体験し、その後、世俗に戻って平凡な主婦としての生活を送っていました。ところが中年になって突然、自己の消滅が起こります。以前は神と合一しても、そのことを認識する自己は残っていました。しかし、その自己がなくなると、当然、認識の対象としての神も消えてしまいます。聖なるものと一体化した至福の意識状態は、実はゴールではなく、さらなる道なき道への入り口だったのです。




【No.1 〜 No.20】 / 1 2 3 4 5 6 7次の20件      



分類一覧

Topへ

HOMEへ