製品カタログ   ご要望・ご質問   リンク   サイトマップ
製品検索
最新号 ...|.. いのちの環 バックナンバー ...|.. 白鳩 バックナンバー ...|.. 日時計24 バックナンバー ...|.. 次号
いのちの環 表紙
2021年8月号  
いのちの環  No. 137

―自然と人との調和を目指す―
25 歳以上の男女を読者対象にした生長の家の総合誌
〈A5判、64ページ(本文)、オールカラー〉

内容についてのお問い合わせは inochinowa@kyobunsha.jpまで

品名 定価 注文
いのちの環 No.137 (2021年8月号) 352
(税・送料込)

立ち読み PC/IOS/Android


小さな転換が地球を救う
省エネに努め、太陽光発電などの自然エネルギーを活用する。地産地消、旬産旬消を心がけ、肉を使わないノーミートの食生活を送り、有機農法で野菜を育てる。二酸化炭素を排出しない自転車に乗り、 自然素材や再利用した材料で日用品などを手作りする──そうした小さな転換が、地球を救うことを伝える特集です。

・手記1 ブラジル篇
ノーミート料理、物作り、自転車、環境に配慮した生活を続けて

・手記2 アメリカ篇
大都会のニューヨークで、自然の恵みを感じる暮らし

・手記3 中華民国篇
日々の暮らしの中で環境に配慮した生活を続ける

・手記4 イギリス篇
感謝と思いやりの気持ちが環境の改善に繋がると信じて

・ルポルタージュ 日本篇
もののいのちを生かす暮らしを、楽しみながら実践する


捨てることで自由を得る祈り
谷口雅宣(生長の家総裁)

聖典をひらく 今ある恵みに感謝する
谷口雅春(生長の家創始者)

人生道場
谷口清超(前生長の家総裁)


●美のステージ
一瞬にして散る花火の輝きを写真に収める
●コラム 悠々味読(126)
クモの賢い生活。性質が違う糸の巧みな使い分け
●私のこの一冊
『この星で生きる』
●生長の家の教えを学びましょう
「どんなに貧しくとも今断々乎として『我れ既に富めり』と念ぜよ」
●匿名体験手記
 障害のある次男は、そのままで素晴らしい神の子だった
●信仰随想
ご先祖さまに守られ、導かれて今の私がある
●生長の家が進めているPBS の活動を紹介します
●くらしの手しごと 今あるもので(14)
「クレヨン画のアイロンがけ」
●特集(2) 人生は魂の訓練の場 私のターニングポイント
「重篤な病からの生還が、人生の転機になりました」
●広げよう、いのちの環
父親からのメールを支えに試練を乗り越える(3)
(アメリカ・ロサンゼルス市)
●一瞬の出合いを求めて(19)
海に向かって真っ直ぐ伸び、蒼と白の対比が美しい角島大橋
●Q&A誌上カウンセリング
Q1 不完全燃焼で老いるのが怖い
Q2 人を攻撃し、傷つける私
●俳壇・俳句への招待
●絵手紙ぽすと
●読者のページ
●生長の家インフォメーション
生長の家の生活法とは?
●人生の光となった言葉(69)
「相手を赦すことは自分自身をも赦すことであり、損をするものは、誰一人いない」


バックナンバーはこちらへ

その他の月刊誌

白鳩

白鳩

地球を愛する心美人たちへ



日時計24

日時計24

U-24にすすめる生長の家の生き方マガジン


月刊誌『いのちの環』No.137(2021年8月号)で紹介された主な製品

新版 生活の智慧365章
谷口雅春【著】
  新版 栄える生活365章
谷口雅春【著】
この星で生きる
谷口純子【著】

  新版 幸福を招く365章
谷口雅春【著】

日時計日記 2021年版
谷口純子【監修】

  日時計主義とは何か?
谷口雅宣【著】