製品カタログ   ご要望・ご質問   リンク   サイトマップ
製品検索
最新号 ...|.. いのちの環 ...|.. 白鳩 ...|.. 日時計24 ...|.. 次号
いのちの環 表紙
2022年7月号  
いのちの環  No. 148

―自然と人との調和を目指す―
25 歳以上の男女を読者対象にした生長の家の総合誌
〈A5判、64ページ(本文)、オールカラー〉

内容についてのお問い合わせは inochinowa@kyobunsha.jpまで

品名 定価 注文
いのちの環 No.148 (2022年7月号) 352
(税・送料込)

土壌微生物の世界
私たちの生活に馴染みの深い味噌、醤油、ヨーグルト、納豆、キムチなどは、酵母菌、乳酸菌といった微生物の働きによって作られています。また土の中でも、根粒菌や菌根菌などの微生物が、植物と共生してその生長を助けています。人間の暮らしとも深い関わりを持つ土壌微生物について、佐賀大学名誉教授に聞きました。

・インタビュー
1グラムの土壌に100億個の微生物 人と微生物との深い関わり
乳酸菌、酵母菌、コウジカビをはじめ、人々の生活に馴染みの深い微生物は、農業とも深い関わりを持ち、植物の発育を支え、土作りに貢献している。全ての生物の恩人とも言われる微生物とはどういうものか、土壌にはどれほどの微生物がいるのか、さらには水田土壌と微生物との関係などについて、佐賀大学名誉教授に聞いた。


神の子の自覚を深めて前進する祈り
谷口雅宣(生長の家総裁)

聖典をひらく あなたは神に取り囲まれている
谷口雅春(生長の家創始者)

希望をもて
谷口清超(前生長の家総裁)


●美のステージ
バンド仲間と心を一つにアルトサックスを吹く
●コラム 悠々味読(137)
心を澄まして自然と向き合う サンコウチョウに魅せられて
●私のこの一冊
『凡庸の唄』
●生長の家の教えを学びましょう
「運命をひらくには」
●匿名体験手記
車に正面衝突される事故に遭うも無傷で救われる
●信仰随想
私の人生を変えた大調和の神示
●生長の家が進めているPBSの活動を紹介します
●くらしの手しごと 今あるもので(25)
「空き容器のスプーン&スコップ」
●特集(2) 明るい心を持つ 私のターニングポイント
「『人間・神の子、無限力』の教えに励まされ、内気な性格を克服できました」
●広げよう、いのちの環
祈り合いの神想観で理想の男性に巡り合う(2)
(カナダ・バンクーバー市)
●一瞬の出合いを求めて(30)
水害から復興し、神々しい光を放つ青井阿蘇神社
●Q&A誌上カウンセリング
Q1 フリーターを抜け出したい
Q2 ダウン症の子に悩む
●俳壇・俳句への招待
●絵手紙ぽすと
●読者のページ
●生長の家インフォメーション
生長の家の生活法とは?
●人生の光となった言葉(80)
「物質はない、肉体はない」


バックナンバーはこちらへ

その他の月刊誌

白鳩

白鳩

地球を愛する心美人たちへ



日時計24

日時計24

U-24にすすめる生長の家の生き方マガジン


月刊誌『いのちの環』No.148(2022年7月号)で紹介された主な製品

如意自在の生活365章
谷口雅春【著】
  新選 谷口雅春選集 18
生命の謎

谷口雅春【著】
聖経版 続 真理の吟唱
谷口雅春【著】
  凡庸の唄
谷口雅宣【著】


新版 生活の智慧365章
谷口雅春【著】
  日時計日記 2022年版
谷口純子【監修】
日時計主義とは何か?
谷口雅宣【著】