製品カタログ   ご要望・ご質問   リンク   サイトマップ
製品検索
最新号 ...|.. いのちの環 ...|.. 白鳩 ...|.. 日時計24 ...|.. 次号
日時計24 表紙
2022年12月号  
日時計24  No.153

―U-24にすすめる生長の家の生き方マガジン―
12 歳から24 歳までの青年男女を読者対象にした生長の家の青年誌
〈A5判、48ページ(本文)、オールカラー〉

内容についてのお問い合わせは hidokei@kyobunsha.jpまで

品名 定価 注文
日時計24 No.153 (2022年12月号) 352
(税・送料込)

特集 結婚と私の生き方

世の中はどんどん移り変わっていくけれど、誰かが誰かに恋をして、相手を大切に思う気持ちは決して変わることがない。その一方で、恋愛の先に「結婚」の二文字が見えてきても、なんとなく漠然としていて、遠い先のことのようにも思える。人はなぜ恋をして、結婚したいと思うのだろうか。良きパートナーを得て、どんな人生をともに築いていきたいのか。いま恋をしている人も、そうでない人も、まずは自分の望む理想の未来を思い描いてみよう。心の窓を大きく開け放って。
・特集ルポ 
「神の子」として拝み合い、ともに生きていきたい
2人が交際を始めて約1年後のある日、彼女が脳出血を起こして緊急手術を受けた。3日後に意識が戻ったときには、思うように会話ができない状態で、彼に迷惑をかけることになると思い、別れることを覚悟していた。そんななか、彼は彼女との結婚を決意した。

・特集解説
幸せな恋愛・結婚をするために大切なこと


名作文学に描かれた恋愛


真我を自覚して「魂の半身」と出会う祈り
谷口雅宣(生長の家総裁)

あなたが未来 「恋愛と結婚」
谷口純子(生長の家白鳩会総裁)

愛の天国を実現する祈り
谷口雅春(生長の家創始者)

隣人への愛
谷口清超(前生長の家総裁)


●Words of Wisdom
●「生長の家について知りたい」入門講座(43)
「『個性』ってなんですか?」
●一緒に世界を見よう 第32回
イギリスの街角で見た「人間の尊厳」
●連載 マンガ・幸せの法則
「私だけのショパン」最終回
●Q&A
「自己中心的な人が許せません」
●生長の家が進めているPBSの活動を紹介します
●“ひかりの言葉” in English
Troubles and misfortune are the process of egotism's collapse.
困難や不幸は我の崩れゆく過程である
●Music for Shiny Days
Vol.24 ザ・ローリング・ストーンズ
●生長の家インフォメーション
生長の家の生活法とは?

次号予約はこちらへ

バックナンバーはこちらへ

その他の月刊誌

いのちの環

いのちの環

自然と人との調和を目指す



白鳩

白鳩

地球を愛する心美人たちへ



月刊誌『日時計24』No.153(2022年12月号)で紹介された主な製品

聖経版 真理の吟唱
谷口雅春【著】
  如意自在の生活365章
谷口雅春【著】


生長の家ってどんな教え?
問答有用、生長の家講習会

谷口雅宣【著】
 

谷口清超新書文集10
人生の断想

谷口清超【著】
人生の扉を開く
日英対訳で読む ひかりの言葉

谷口清超【監修】
  日時計主義とは何か?
谷口雅宣【著】
日時計日記 2023年版
谷口純子【監修】