各種行事・活動

聖使命入会の喜びの声

 ≪入って良かった聖使命≫ 福岡教区信徒、誌友会全員で拡大していきましょう!

●北九州第二総連 八幡中央支部藤田 千鶴子さんの喜びの報告です。

藤田 千鶴子さん 信仰に触れた時より家族全員が什一会員で、半身さんも全て什一会員です。それぞれに収入を得るようになった時から「聖使命会費を自分で奉納すると、とても幸福になり豊かになるよ。」と言い続けてきました。
 その結果、それぞれ皆会費を奉納してくれるようになりました。この度、孫が結婚しました。折りに触れ孫に伝えたいと思っていたので、この機会に聖使命の話しをしました。「托鉢は、どこに施しを求めて歩くと思う?」と尋ねると、「貧乏な所」と言ったので、「なぜかわかる?」と言うと答えませんでした。
「それは施しの心が足りなくなり貧しくなっているので、施しの心を出させて富の種蒔きをさせるためよ。お金はお金に価値があるのではなく、人を救うために献資を出す事によりお金の価値がでるのよ」と話すと「自分で奉納するよ」と言ってくれました。本当に嬉しく思いました。


●久留米第三総連 山本支部藏本 邦子さんの喜びの報告です。

藏本 邦子さんイラスト 4月に二女の神の子さんと義兄を聖使命会員にしました。二女は平成30年3月に嫁ぎました。令和3年の12月に「子宝」を願い、長崎の総本山に神癒祈願をしましたところ、令和4年の2月に神の子さんを授かった喜びの報告を受けました。
 5月14日には亡き義母の7回忌の法要を営みました。義母は生前聖使命会員でしたので、今年の4月に宇治別格本山に義母の永代供養の申し込みをしました。その時ふと「義兄も聖使命会員に入会させたい」と思いました。義母は生前、体の弱い義兄のことをとても心配していました。法要で久しぶりに会った義兄は、明るい表情で生き生きとしていました。霊界に行っても義兄のことを心配する子を思う義母の愛のお導きがあったのだと思います。

 二女に授かりました神の子さんと義兄を新しく聖使命会員に入れていただくことが出来て心より喜びと感謝の気持ちで一杯です。また、義母への最高の親孝行ができたことを大変嬉しく思っています。

 

谷口雅春大聖師三十七年祭がライブ配信されました


生長の家公式HPでのライブ配信告知
生長の家公式HPでのライブ配信告知

 6月17日(金)、生長の家総裁・谷口雅宣先生ご臨席のもと“森の中のオフィス”にて行われたみ祭はFacebookにて一般公開されました。
 PC・スマートフォンでの視聴が困難な方を対象に教化部にはライブ配信会場を設け、在りし日のお姿を心にうかべつつ偉大な功績とご遺徳を偲びました。

 

 

令和3年度 生長の家福岡県教化部 決算の公告

令和3年度決算の要旨 宗教法人「生長の家福岡県教化部」
自 : 令和 3年 4月 1日  
至 : 令和 4年 3月31日  

 令和3年度「生長の家福岡県教化部」(飛地道場含む)の会計報告を致します。
 教化部規則第35条第3項の規定に基づき、決算の承認を受け、その要旨を広告いたします。
 ※ 下の各画像をクリックして下さい。pdfファイルが開きます。

 

 

ウクライナに思いを寄せたクラフト作品の投稿ありがとうございました!!


 ロシアによる武力攻撃を受けているウクライナ国と犠牲となっているウクライナの人々を支援する、P4U(ピース・フォー・ウクライナ)イベント〔生長の家のプロジェクト型組織開催・大光明5月号参照〕は当初5月末までの予定でしたが、6月中旬においても戦争が鎮静化する気配がないことから、当面の間これを継続することになりました。

 この活動の中に“やってみようアクション”(6つの行動)があります。その1つは「ウクライナの伝統工芸品の作成に挑戦する。また、同国の国旗に使われている色でクラフトする。」です。趣旨に賛同した全国の皆さんのクラフト作品が活動紹介のためのFacebookグループに多数投稿されています。

 福岡教区では、教区の信徒さんがFacebookとLINEグループに投稿したクラフト作品をピックアップし、その中から特に優れた作品を表彰することになりました。教化部長・各組織の長に幹事2名を加えた8名が審査員となり、公正を期するため作者名は伏せ全て画像のみでの審査とし、最も得票の多かった作品を最優秀賞としました。対象作品は全部で43作品、全ての作品には作者のコメントが添えられ、皆さんのウクライナに寄せる思いが作品と併せて紹介されました。
※ 敬称略、受賞作品(全10点)はLINEグループ“真理勉強ネットフォーラム”にて紹介しています。(中村尚智)

最優秀賞 山口弘美

ウクライナの民族衣装の絵のパッチワーク
ウクライナの民族衣装の絵のパッチワーク
 ウクライナの民族衣装です。図書館でウクライナの事を調べてみました。フワッとした女性のブラウスには細かい刺繍が入っていて(ヴィシヴァンカ)と言い男性・女性も帯を使うそうです。
記念日にはキーウでは祭典やパレードが行われ、伝統音楽など演奏され、国旗を手に民族衣装を着た人が踊りを披露します。
キルトの絵は自分で想像した絵です。(著作権にかからないように)
早くそんな日が来ます様に、一針一針心を込めてパッチワークキルトで応援しました。

 

優秀賞 蒲生博子


 ウクライナの人達が安心して住めるように蒲鉾板板でお家を作りました。 
   
   
  

優秀賞 長浜節子


 ウクライナの平和の為に、牛乳パックで作ったキャンディー入れ、それと鉛筆立てやお花などを製作しました。 
   
   
  

 

努力賞 永田良造

 神の子である私たちは皆一つの生命(いのち)であり、兄弟姉妹であるはずなのに、何故戦ったり争ったりしなければいけないのでしょうか?
 また、そう見えてしまうのは私のレンズが曇っているからなのでしょうか? そうだとしたら、世界がきれいに見えるように日々レンズを磨き続けることにしよう。

努力賞 宗像幸子


 ちぎり絵で世界の平和を祈らせて頂きました。
  
  
  
   
   
  

 

 

 

相愛会ネットフォーラム(研修版)を開催しました


 去る5月29日、於保光彦連合会長は一組織会員としてネットフォーラム研修版を主催され、白鳩会および相愛会の方々にZoom上でお集り頂きました。
 開会の祈りと挨拶のあと、総裁先生の動画「内在の本質を観る」を皆で視聴しました。動画の中で総裁先生は、聖経『真理の吟唱』286ページの「自己内在の本質を喚び出す祈り」を朗読され、困難のお陰で無限能力が開発されること、それが人間の生き甲斐であることを説かれました。
 動画を視聴したあと、参加者から「困難が魂の栄養素になる。勇気をもって人類光明化運動に頑張っていきたい」「実相独在を信じ、現象に囚われず、自分を磨いていきたい」「自己内奥の本質が毎日一層完全に顕現しようとしているのが地上の人間である、このことに感動した」「総裁先生はパラリンピックで活躍する選手の姿に感動された。今日私は町内運動会に参加して、一生懸命走る子供たちの姿に感動した。何事につけ、一生懸命の姿が感動を呼ぶ」「コロナ禍でこうしてネットフォーラムで画面を通して交流できることが有難い。ピンチはチャンス、苦しい中でこそ内在の力が発現する」その他、たくさんの感動のコメントがありました。
 また、亡くなられた方に対する供養の意義について「供養の心は亡くなられた方に通じる。真理の言葉で供養することが大切である」など様々な感慨が述べられました。
 以上、感動に満ちたネットフォーラム研修版につきご報告いたします。(林)

 

 

ミニイベントを開催しよう!


  ミニイベントは、PBSの各部(SNIオーガニック菜園部・SNIクラフト倶楽部・SNI自転車部)に入部している人が開催できます! ぜひ! あなたも開催者になりませんか? 参加はどなたでもOKです。

  • SNIオーガニック菜園部オーガニック菜園部 「梅ちぎり」イベント
    「梅ちぎり」イベントオーガニック菜園部 「梅ちぎり」イベント
    かごいっぱいの梅
  • SNIクラフト倶楽部クラフト倶楽部 「麻ひもタワシ作り」
       クラフト倶楽部 「麻ひもタワシ作り」
    「麻ひもタワシ作り」
  • SNI自転車部自転車部 「門司港レトロからサイクリング」
    「門司港レトロからサイクリング」自転車部 「遠賀宗像サイクリングロード」
    「遠賀宗像サイクリングロード」

 

 

ウクライナの平和を祈願して絵馬を飾りましょう


ウクライナの平和を祈る「絵馬」てぶくろ型
 ウクライナの一日も早い平和を願い2種類の絵馬(てぶくろ型・どうぶつ達、それぞれ税込600円)を書籍係で販売します。
 この絵馬は共存をテーマとしたウクライナ民話『てぶくろ』をもとに企画。
 てぶくろ型にはてぶくろのかたちをデザインし、どうぶつ達には民話に登場する動物の姿が描かれています。
ウクライナの平和を祈る「絵馬」どうぶつ達
 戦争の報道を見て無力感を感じる人は多く、建設的な発想へと導くためにも絵馬を奉納することで物語の背後にある調和の精神を思い起こし、ウクライナの平和と併せて絵馬にメッセージを書いて祈りましょう。
 記入を終えたあとの絵馬の扱いは自由ですが、教化部・各道場に設置された絵馬掛けに奉納頂くことも可能です。
 教化部へお越しになる機会のない方の注文は、世界聖典普及協会フリーダイヤル0120—374—644(土日祝休み)が便利です。

 

 

ITスキル勉強会、開催のお知らせ


 主にスマートフォンの操作を学習します。スマートフォンをはじめ自分用のIT機器をお持ちの方であれば、どなたでも参加出来ます。事前に教化部事務局への参加申込みが必要です。

今後の日程

 ITを活用した行事にたくさんの方が参加出来るよう、教区6会場にてITスキル勉強会を開催します。

≪主な学習内容≫

[初心者向け]
Facebook・LINE・Zoomの基本的使用方法・PBS各部への入部方法・九折スタジオや講話ビデオの視聴方法
[中級者向け]
NF(研修版)(非正規版)(会議版)の開催方法
※参加者の方に合わせ柔軟に対応します。

≪参加資格≫
自分用のスマホを所有し、ITを活用した行事に関心のある方

≪日程≫
会場日時(1回目)日時(2回目)
①教化部終了しました8月27日(土)13:00
②北九州道場終了しました9月11日(日)13:00
③久留米道場終了しました10月22日(土)13:00
④行橋道場終了しました11月5日(土)13:00 or 14:00
⑤ふれあい広場
穗波(飯塚市)
7月10日(日)10:00ふれあい広場穗波での
2回目はありません
⑥クイーンズホーム
(宗像市)
7月10日(日)13:0012月17日(土)13:00

※指導は対面で行います。日程は変更になることがあります。

 

◆栄える会 会社訪問◆

大村 富士男さん古美術・骨董品販売 大村美術
代表 大村 富士男
住所:福岡市西区周船寺 / 電話:092-806-0505

 私が「生長の家」に触れたのは、両親が自宅で甘露の法雨をあげているのを横で聞いていた小学生の頃、「栄える会」に入会したのが平成19年です。
 サービスセンターで行われる月に2回の例会や勉強会はもちろん、講習会、繁栄ゼミナールにも参加してきました。私は長年、古美術や骨董品の販売を生業とし、同業者で作る九州古美術連合の会長を拝命しておりました。近年、そのお役目を返上いたしましたところ、神様より次の使命が与えられました。現在、国連が提唱している“SDGs”を援助・推進する、「NPO国連支援交流協会(FSUN)福岡中央支部」の支部長を仰せつかりました。“SDGs”とは、『2030年までに持続可能な世界をつくるため「誰も取り残さない」17の開発目標と169の細分化項目』のことで、地球環境保全や争いのない世界を実現するために行動する具体的な指針です。
 今後もより多くの方々に理解・参加して頂いて、世界の平和、人類光明化運動に貢献してまいります。
 

 

 

 

Copyright (C) 2020 生長の家福岡県教化部 All Rights Reserved.
〒818-0015 太宰府市都府楼南5-1-1 電話( 092 ) 921-1414 / Fax( 092 ) 921-1523