組織の血液 講師会(令和3年12月)


「愛の呼びかけ運動」と防災への心構え


地方講師会副会長 森田 敏江

講師会副会長 諌山 アヤ子



 福岡教区では、現在「愛の呼びかけ運動」が展開されています。私も支部長代理として、会員の方とのコミュニケーションを心掛けております。近くに住んでおられる高齢の誌友さんのお宅に伺いました。2度ほど入院をされ少し足に不安を持っておられる方です。2、3日前、押し車で買い物に行った帰り、家の近くまで来ているのに、どうしても足が立たずに道端に座り込まれたそうです。ちょうど通りがかったスケボーを抱えた2人の青年のうち、1人が荷物を、もう1人が誌友さんをおぶって家まで連れ帰ってくれたそうです。「とても嬉しかった」と話されました。声をかけて行動に移すのは凄く勇気がいることだと思います。この2人の青年の行動にとても感動し、まさにこれが「愛の呼びかけ運動だ」と思いました。私も誌友さんにはもちろんのこと、家族や身近な人に愛の呼びかけを実践したいと思います。
 10月8日・18日の2日間白鳩ネットフォーラムが【心の備えと身の回りの備え】というテーマで開催され、実際に被害に遭われた方の生の声を聞かせて頂くと、本当に恐ろしくて体が震える思いでした。まだ身近に災害が起こっていないために他人事と思っていましたが、日常の備えがいかに重要かがよく解りました。機関誌7月号に「災害が起こる前にできる備え」と題して、詳しく丁寧に書かれています。家族と熟読し、しっかりと話し合うことが大切だと思います。信仰生活の神示に「信仰生活とは、無用意の生活ではない。(中略)心が完全に用意されているだけではなく、物質にも完全に用意されている生活である。」と書かれています。さあ、まだ用意されていない皆さん、一緒に防災リュックの準備に取り掛かりましょう。家族にも防災と愛の呼びかけをしていきましょう。



2021年12月度 地方講師・光明実践委員研修会について

〜コロナウィルス感染拡大防止のため、各地域での研修会は中止しています~


12月度地方講師研修および指導講話
【テーマ】日時計主義の姿勢で、自らの歩みを振り返る

【テキスト】①谷口雅宣先生著『今こそ自然から学ぼう』(P26〜27)
      ②谷口純子先生著『46 億年のいのち』(P46〜50)
【サブテキスト】谷口純子先生監修『日時計日記2022年版』
【開催日】(1)12月10日(金)10時 ①須藤慶子講師 ②新川美恵子講師 司会:呰上副会長 配信①
     (2)12月14日(火)20時 ①呰上道子講師 ②秋月慶子講師  司会:諌山副会長 配信②
【配信方法】①Zoom・Facebookグループ「fukuoka.T.講師会」・LINEグループ通話
      ②LINEグループ「福岡教区地方講師会」のグループ通話
※どの媒体も、グループに参加して頂くことで視聴可能となります。グループに未参加の講師の方は地元地域の講師会副会長または推進部員、講師会事務局までご相談ください。


*12月度母親教室について*
学習内容:「感性を育む」-神・自然・人間の大調和-
テーマ:思いやりの心を育む
※10月より教化部長先生による指導動画の配信は中止となりました。
それに代わり、希望する母親勉強ネットフォーラムに、教化部長先生が直接ご指導をして下さることになりました。
既に開催しているところもあります。希望するリーダーさんは、日程・時間・使用媒体を明確にして白鳩会事務局へお申し込みください。
またテーマに沿った内容に近い動画をSNI動画リンク集の中から見つけて研修版を開催するのも良いですね。動画についてのお問合せは講師会事務局までお問い合わせ下さい。