定期改選による新任・退任の挨拶

新任の挨拶

9月から新体制がスタートします!

■ 相愛会

【相愛会教区連合会長 芦刈 修司】
  相愛会教区連合会長を拝命致しました。今まで歴代の会長さん達が築いてこられた事を学び、実行致します。大分の相愛会の取り組みは教勢の拡大・活性化を目標に置いております。誌友会の内容充実と、現在実施されていない地域の活動を図ります。これらを実施すれば誌友さんの横の繋がりができ、1人1人が充実した日々が送られるようになります。この素晴らしいみ教えを日本だけでなく全世界に中心帰一の真理を伝えます。今後は更に世界平和、人類光明化運動に邁進致します。どうか皆様のご支援とご協力をお願い致します。

■ 白鳩会

【白鳩会教区連合会長 川野 けい子】
 白鳩会教区連合会長を拝命する事となりました。突然大きな「役座」に就いてしまいましたので、不安もありますが、これから先、皆様方の助けを受けつつ、1つ1つ経験を重ねていく所存でございます。長松前会長の素晴らしさに気後れする思いもありますが、他の幹部役員と力を合わせて、神様に全託して進んで行きたいと思います。どうぞ皆様のご協力を宜しくお願い致します。

■ 青年会 

【青年会委員長 大木 翔平】 
  この度の改選で青年会委員長を拝命致しました。幼い頃より青少年練成会に兄と妹と共に参加し、大人になってからは青少年練成会と大分生命学園の運営を手伝わせて頂いています。青年会委員長というお役は私にとって大役で、身の引き締まる思いですが、前委員長の思いを受け継ぎ、青年会を盛り上げていこうと決心致しました。とりわけ青少年の育成に力を注いで参ります。どうか皆様方のご指導、ご協力を宜しくお願い致します。

■ 講師会

【地方講師会長 長松 素子】
 この度、思いもかけず講師会長を拝命する事となりました。白鳩会の引き継ぎなどもあり、気持ちの整理も十分できてはおりませんが、前任の方々のご指導を頂きながら努めて参ります。地方講師の皆様と共に、教えをより深く学び、総裁のお説き下さる事への中心帰一を第一にして各組織の運動に協力して参ります。講師の皆様のご協力をお願い申し上げます。

■ 栄える会

【栄える会教区会頭 成田 泰次】
 引き続き、栄える会会頭を拝命致しました。この3年間で学んだことを糧として、これから益々豊かな心で、喜びの栄える会を目指し、皆様と手を携えて努力する所存でございます。皆様のご協力を宜しくお願いいたします。

■ 生教会

【教職員会教区会長 朝井 博之】
 4期目の教区生教会会長を拝命いたしました。皆様には、常日頃より生教会運動・生命学園の運動にご尽力、ご理解を頂いておりますこと、誠にありがとうございます。 さて、教区生教会会長を拝命してから、教育についてご指導頂いたり、体験談を拝聴させていただく機会が増えました。その中で成功している共通点は、まず人の実相を観て祈ること、そして「人間は、神の子である。(無限力である。)」ことを伝えていることでした。大分教区生教会では、教育者や子供達に「人間、神の子」の生長の家の真理を伝え、常に明るく必勝を信じて邁進する生き方を示していきたいと思います。皆様、宜しくお願いいたします。

 

 

退任の挨拶

■ 相愛会

【相愛会教区連合会長 藤野 浩】
 思い起こせば、副会長6期、会長2期の24年間組織の役員をさせていただきました。元々、浅学菲才の自分が会長という役を仰せつかるのは恐れ多いことでした。44歳の時、若い者の声を代弁してほしいとのことで、副会長の役に就きそれ以来先輩たちの後塵を拝しやってきましたが、どれほど役に立てたかどうか自信はありません。時に困難な課題に直面することもありましたが、守護霊様のお導きと、皆様方の絶大なご協力により、大して心配をすることもなく、過ごしてきたように思います。これからの運動も困難があるかもしれませんが、神様のお導きを第一にして行くことで、道は切り開かれると思います。長い間ありがとうございました。

■ 白鳩会

【白鳩会教区連合会長 長松 素子】
 白鳩会副会長を9年、その後、連合会長として9年の18年間、お役を務めさせて頂きました。連合会長を拝命した時は大変不安でしたが、無事に任期を終えることが出来ました。これは、ひとえに神様のご加護、渡邊教化部長のご指導、会員の皆様のご協力、家族の理解があっての賜物でございます。皆様に心より感謝申し上げます。有難うございました。印象深かった出来事は、役職について初めての講習会の時、前日に階段でつまずき鼻の骨を折ったことと、原宿にあった国際本部が山梨県北杜市に移転し、その落慶式に出席できたことです。森の中のオフィスは素晴らしく、これからいよいよ新しい文明構築のため実践運動がなされるのだという思いが湧き、感動致しました。もう一つ嬉しかったことは、2018年春の本部褒賞で『“質の高い組織運動”実践賞』を受賞したことです。皆様がコツコツ努力してくださった成果でございます。来年には新教化部会館が完成の予定です。大分にも新しい風が吹き上昇気流が生まれることでしょう。これからも新しい文明構築のため微力ながら努力して参ります。

■ 講師会

【地方講師会会長 本間 ひろ子】
 この3年間、副会長、推進部員と心を合わせ、全ての行事に喜びを持って楽しく取り組むことができました。また、教区練成会におきましても運営委員の方々の協力を得て全力で取り組むことで、誰よりも私自身が成長したのを感じています。練成会に育ててもらった自分だと感謝しております。講師会長として「森の中のオフィス」に行けたのも大きな喜びでした。これからも、練成主任としてのお役は引き続き務めさせていただきますので、皆様の変わらぬご協力を宜しくお願い致します。

■ 青年会

【青年会委員長 大木 貴史】
 青年会委員長を2期努めさせて頂きました。この場を借りて青年会の皆様はじめ教区の皆様に感謝致します。期間中色々なことがありましたが、次の世代に伝えるべく青年会委員長とは何かをお伝えして退任の挨拶と致します。青年会委員長を一言で言えば、野球の監督です。野球は1人では出来ません。私は難しい事はよく分からなかったですが、1人1人の個性と現実を見ながら、頑張りました。このお役は自分を高める場であり、自分は一度置いて、皆さんのために出来ることをするのが委員長です。自分の仕事の事ばかりでなく人の為に役立って貰えば幸いです。任期中ありがとうございました。