カタログ請求   ご要望・ご質問   リンク
製品検索
近刊情報 ...|... 代表的な書籍 ...|... ブックレビュー ...|... ランキング ...|... 聖典ガイド


おすすめ製品!


祖先や流産児の霊魂を祀るための知識と実践法を収録

霊供養入門〈CD版〉
運命は改善できる



家庭を光明化するには、何が大切かを詳しく解説!

家庭をたのしく



聖典・書籍

 
 
新版 人生を支配する先祖供養
 

谷口雅春(編著)
about

 


定価 1,404円 (本体 1,300円+税)

▽四六判・並製/238頁
ISBN978-4-531-05241-7
初版発行 2004年9月
日本教文社刊

数量

【内容紹介】

先祖の供養は何故必要なのか? どのように供養すれば良いのか? それらの答を具体例を挙げて判りやすく示した、先祖供養の意義と実際のすべて。一家に一冊、家庭必備の一大宝典。

『人生を支配する先祖供養』はこちら


【目次より】
第一部 原理篇
第一章 祖先の仏性を開顕するために
 5 祖母と孫娘との間の断絶
 6 祖父母として又、父として母として
 7 仏性・内在のキリスト・人の内にある聖霊
 8 生きて歩む宗教
 9 時代の相違で子供が脱線したように見える場合
 9 霊祭の儀礼には必ずしも一定の形式はない
 10 大往生と断末魔の苦痛について
 11 満中陰と五十日祭について
 12 冥界の照魔鏡について
 14 三途の川を渡って我らは何処へ行くか
 14 幽界と現実界との境
 15 思いやりある死者の霊の力
 16 祖先霊を祀ること
 17 霊界への移行と死後の霊魂の状態
 18 病念を持ち越して霊界で苦しむ霊を救うために
 19 わが生命は祖先の生命の連続である
 19 仏壇、神棚の意義
 20 位牌と鎮魂の仕方
 21 位牌には何名の名を書いてもよい
 22 新たに祖先霊を祭祀する場合
 23 生長の家は葬祭の儀式に何故神社的式典を採用するか
 24 先祖供養の意義
 25 献饌の意義
 27 幽斎と顕斎について
 28 個別霊の供養の期間について
 29 無縁仏を祀ることについて
 30 宗旨を変える事によって起る障害
 31 聖経『甘露の法雨』の由来について
 32 先祖に対して聖経を読誦する時の心得
 34 葬祭等に焼香する意義

第二章 祖霊の祭祀及び供養に関する諸問題
 36 弥陀一仏の礼拝について
 37 ただ念仏さえすれば諸天善神ことごとく護り給う
 40 親鸞聖人の悟りの心境は
 40 祖先供養は是非必要である
 41 位牌は何のために造るか
 42 「真理」の中に祖先の霊を摂取して
 43 日蓮宗の人が生長の家に入信すれば
 43 万教帰一の立場からの祭祀について
 44 本尊や仏像や位牌はただの物質ではない
 44 仏壇や位牌を破棄した実例
 45 神の本質を拝む事と宮を建てることの意義
 47 墓相について
 48 形の方から工夫して運勢をよくしようというのは
 49 自分の運命は“心の所現”である
 50 墓地に住む亡霊は
 51 古神道の一霊四魂の説
 52 墓地又は墓碑を移転したい場合
 53 宗旨の異る霊魂を一緒に祭祀してもよいか
 54 子孫が祖先の宗教と異る宗教に改宗するとき
 56 長男以外の者でも先祖をお祀りすべきである
 57 供養の心と供養の実践
 57 自宅の霊前でする聖経読誦
 58 早朝の最寄会で祈りや聖経読誦する場合
 59 本部、教化部、道場の早朝行事の意義
 59 ある種の霊魂を祭祀するのと本当の神を祭祀するのとは異る
 61 自己の内に生きる本当の神
 62 高津神その他、動物霊魂の祭祀
 64 火葬・埋葬と“生まれ変り”の関係
 65 自然流産と人工流産の相異
 66 死の刹那に念送された想念はある期間個性的に存続する
 68 「一人出家すれば九族天に生まる」
 70 祖先供養及び霊魂祭祀の祭式及び儀礼
 71 新たに霊を祭祀し先祖供養する場合の順序方法
 74 毎日の祖先礼拝の注意
 75 誌友会等にて先祖供養する場合
 75 聖経供養の詞
 77 古い墓石の処理について
 78 数歌の意義及び由来について

第三章 霊と霊魂について
 81 『甘露の法雨』講義“霊”の項
 93 実相と輪廻転生
 99 祖霊が子孫に与える影響
 104 幽明の境を超える念の感応
 110 祖先の宗教と和解する
 112 受胎・出生・運命・寿命・死後について
 112 人間は肉体が死んでも必ず次の“体”を有つ
 113 個性生命は肉体死後も滅しない
 114 人間は大海の一波一波ではない
 115 肉体という地上生活のための宇宙服
 116 “死”と見えるのは上級学校への進学の準備である
 117 地上の寿命は予定されているけれども
 118 短命の者は必ずしも不良霊魂ではない
 119 死産又は出産と同時に死ぬ嬰児の霊魂について
 120 神の第一創造の完全世界を隠覆するもの
 121 卵細胞の分裂増殖だけでは人間にならない
 122 普通の発達の程度の霊魂が受胎する場合
 124 人工受精によって生まれた子供
 124 人工受精によって受胎する場合の霊的機構
 126 迷霊の存在についての考察
 126 肉体は心の状態のあらわれである
 127 霊魂の状態は現実界に影響を与える
 127 ヴィールスの背後にあるもの
 128 何故祖先を祀らない人でも小児麻痺にかからぬか
 129 祀られない霊魂は悉く苦しんでいるか

第二部 実際篇
第四章 霊波の感応による運命の形成
 133 祖先供養はこのように必要である
 133 糸川昭代さんは次の如く語る
 140 夫婦の調和は人倫の大本である
 141 病気を癒すための経と緯との行持
 141 一夫一婦は“天地の道”
 142 右手の関節の不随も何のその
 143 忘れた時に病気は無くなる
 144 親を尊敬し、良人を尊敬しなさい、家が栄えます
 144 家庭の不調和は不幸の基
 145 あなたは嫁入先の先祖に挨拶したことがありますか
 146 結婚したら先ず祖先に報告しなさい
 147 憎念、怨念は何処へ行くか
 148 弟を怨んでいたために弟は不運つづき
 149 弟に怨念を懺悔して和解する
 150 全存在を洗い浄める大懺悔
 152 怨念の受信から来る錯誤行為
 153 内部神性の導きによる病気
 154 治癒を妨げている心が除かれ健康となる
 156 犬の怨念の表現と見られる医師の症状

第五章 質疑に答える
 161 霊供養しても、その人が生まれ変っている場合
 162 死後の霊魂は地下に眠っているか
 164 地縛の霊としての念霊
 164 荒魂は永く墓地に眠るということ
 165 人間の霊魂が霊界に移行する場合
 166 墓地に於ける念霊及び荒魂に就いて
 166 一霊四魂の行方について
 167 正しい信仰の対象としての守護神
 170 守護神の種々相及び諸段階
 170 副守護神とは如何なる霊か
 171 守護神に対する礼拝感謝
 173 天照皇大神宮と祖先霊とを同列に祀ってよいか
 174 分家の人は家に先祖祀りは不要か
 176 『顕淨土成仏経』について
 177 無縁又は他家の墓石の移転について
 178 婚家の母と信仰が異る場合
 180 自殺又は情死した人の霊魂を救うには
 181 先祖供養の際に実相円満誦行をしてよいか
 182 仏壇及び位牌のしつらえ方について
 185 墓地及び墓石について
 189 墓地参拝及び屋敷神の祭祀について
 190 事故、天災等による急激な死は何故か
 192 祖先供養は子孫の繁栄の基礎となる

第六章 先祖供養による奇蹟的体験例
 199 聖経による祖先供養の功徳
 211 奇蹟!不治の脳腫瘍が全治
 216 祖先に感謝して間接炎瞬時に癒ゆ
 220 手術不能といわれた病気が・・・
 224 聖経読誦で家中が救われた
 229 子供の脳腫瘍が不思議に消える!


2006, Sekai-Seiten-Fukyu-Kyokai all rights reserved.

あわせて買いたい製品



新版 人間苦の解放宣言
生長の家練成の功徳の秘密