製品カタログ   ご要望・ご質問   リンク   サイトマップ
製品検索
最新号 ...|.. いのちの環 ...|.. 白鳩 ...|.. 日時計24 ...|.. 次号


白鳩 表紙
2022年10月号
白鳩  No.151
―地球を愛する心美人たちへ―
25 歳以上に向けた女性誌
〈A5判、64ページ(本文)、オールカラー〉
内容についてのお問い合わせは shirohato@kyobunsha.jpまで

品名 定価 注文
白鳩 No.151 (2022年10月号) 352
(税・送料込)

特集1 サステナブルな朝型生活

朝の時間を生かして趣味や学習などに活用するときに、サステナブル(持続可能)であることや、環境に配慮して暮らすという視点を取り入れてみませんか。例えば朝の時間に家庭菜園の世話をしたり、車通勤を自転車通勤に変えたり、マイバッグを手作りするなど……。朝時間を少しでも地球のために使うことができたら、良い一日のスタートが切れるものです。

・ルポ
自然の息吹を感じながら、早朝の自転車通勤を続ける

・コラム
朝活は脳を活性化するーー朝の運動と瞑想のすすめ

特集2 病を癒す
たとえ病という症状が現象的に現れていても、人間は本来、完全円満な神の「いのち」と一つであり、本当に在るものは、現象の奥にある神の「いのち」のみです。この自覚を深めて、“病気がある”という迷いを去るとき、あなたに内に宿る癒す力が引き出されます。

・手記
二度の大病を乗り越え、「神の子」の自覚を深める

・ポイント解説
今に感謝することが、病を癒し、魂の向上をもたらします


日々わくわく 清々しい朝
谷口純子〈生長の家白鳩会総裁〉

よい生活習慣を創り出す祈り
谷口雅宣(生長の家総裁)

いのちの尊さ
谷口清超(前生長の家総裁)

フォトエッセイ 実相の完全さを見る
谷口雅春〈生長の家創始者〉


●私のブックライフ
『この星で生きる』
●信仰随想
母と私
●出会いを聞かせて
両親に感謝していれば、必ず幸せな結婚ができる
●体験手記
夫の脳腫瘍が、魂を磨く経験を与えてくれた
●真理への道しるべ
「現象本来無し」
●女性のためのQ&A-1
「バツイチの彼が子どもを欲しがりません」
●匿名手記
「孫は不良ではなかった。神の子だと気づいた時、更生の道をたどる」第1回
●つくる、祈る、日々の生活(75)
マドラーがミニチュアの木製ベンチに
●“森の中のオフィス”食堂レシピ
大豆たんぱくで作る ニュウロー風中華麺
●“森の中のオフィス”厨房通信
お稲荷さんにちなんだ張り子のきつね
●おしゃべり広場/わが家の赤ちゃん
●生長の家が進めているPBSの活動を紹介します
●女性のためのQ&A-2
「考えても仕方がないことが頭から離れません」
●ママナビ
しあわせな食は、子供の幸せ
●白鳩歌壇 選・小島ゆかり
●白鳩書壇 選・村上秀竹
●生長の家インフォメーション
生長の家の生活法とは?

次号予約はこちらへ

バックナンバーはこちらへ

その他の月刊誌

いのちの環

いのちの環

自然と人との調和を目指す



日時計24

日時計24

U-24にすすめる生長の家の生き方マガジン


     

月刊誌『白鳩』No.151(2022年10月号)で紹介された主な製品

この星で生きる
谷口純子【著】
  智慧と愛のメッセージ
谷口清超【著】
新版 幸福を招く365章
谷口雅春【著】
  伸びゆく日々の言葉
谷口清超【著】


新版 生活の智慧365章
谷口雅春【著】
  新版 希望を叶える365章
谷口雅春【著】
日時計主義とは何か?
谷口雅宣【著】
  日時計日記 2022年版
谷口純子【監修】