カタログ請求   ご要望・ご質問   リンク
製品検索
近刊情報 ...|... 代表的な書籍 ...|... ブックレビュー ...|... ランキング ...|... 聖典ガイド


おすすめ製品!


人間至上主義の価値観に警鐘を鳴らす!

小閑雑感 Part 3


自然の背後にある“神のいのち”を見い出す!

自然に無限価値を見る



聖典・書籍

 
 
今こそ自然から学ぼう
人間至上主義を超えて

谷口雅宣(著)
about

 


定価 1,337円 (本体 1,238円+税)

▽四六判・上製/372頁
ISBN4-531-05901-8
初版発行 2002年10月
発行・生長の家/発売・日本教文社

数量

【内容紹介】

自然への拷問は人への拷問だ!

手遅れになる前に今、宗教家が言うべきことは――人間は調和した自然の一部、精子・卵子の操作をするな、子を選んで生むなかれ、人の胚の利用はやめよう、死亡胎児を利用するな、卵子・精子・受精卵の提供はやめよう……

【目次より】
第1章:宗教はなぜ“環境”や“遺伝子”に関わるか

第2章:地球環境問題への宗教的視点
 1.今こそ「大調和の信仰」を広めよう
 2.地球温暖化は一服したか?
 3.「与える」生き方へ転換しよう

第3章:自然のバランスと遺伝子組み換え作物
 1.除草剤耐性作物を考える
 2.GM作物は本当に大丈夫か?

第4章:動物の命を考える
 1.狂牛病の教えるもの
 2.再び狂牛病について
 3.動物の命はどうでもいいのか?
 4.人間らしい生き方とは
 5.肉食忌避のもう一つの理由
 6.生物界の“暴君”の座から降りるために

第5章:生命操作技術に欠けているもの
 1.子は親の道具になる?
 2.優生社会の到来を憂う
 3.ヒトの遺伝子組み換えは始まっている
 4.人の胚の利用をやめよう
 5.ES細胞利用の倫理性を問う
 6.「クローン胚」を考える
 7.命のネコババはやめよう
 8.潜在力を引き出す医療へ
 9.卵子提供を考える
 10.父を探す人々
 11.世代間倫理の視点をもとう


【お客様の声】

講習会では御講話の内容がよく理解できませんでしたが、この御本を読ませていただき、改めて御講話もよく理解出来ました。大変面白く読ませていただきました。(岐阜県K.M女性)

環境問題に取り組んでおられる谷口雅宣先生は素晴らしいと思います。環境問題に対して私たち一人一人が自覚できたら、日本はもっと素晴らしい国になると思います。ありがとうございます。(兵庫県M.S女性)

素晴らしい内容です。具体的に書かれていて、とても分かりやすかったです。ありがとうございます。(京都府K.K女性)


2006, Sekai-Seiten-Fukyu-Kyokai all rights reserved.

あわせて買いたい製品



足元から平和を



一番大切なもの