カタログ請求   ご要望・ご質問   リンク
製品検索
近刊情報 ...|... 代表的な書籍 ...|... ブックレビュー ...|... ランキング ...|... 聖典ガイド


おすすめ製品!


ユーモラスな子育て奮闘記!

わが家の愛情レシピ
ハッピーママの子育て&自分育て




聖典・書籍

 
 
太陽はいつも輝いている
私の日時計主義 実験録

谷口雅宣(著)
about

 


定価 1,234円 (本体 1,143円+税)

▽新書判・並製/272頁(カラー)
ISBN978-4-531-05902-7
初版発行 2008年5月
宗教法人「生長の家」刊/日本教文社発売

数量

【内容紹介】

神の恵みに感謝!
欲望優先主義を脱し、日常生活に真・善・美を見出す法。

 暗いニュースが多いと思いがちな現代社会にあって、人生の明るい面に焦点を合わせる生長の家の“日時計主義”の生き方を提唱する著者が、2007年秋に出版した『日時計主義とは何か?』に続いて放つ第2弾。本書は、芸術表現によって、善一元である神の世界の“真象”(本当の姿)を正しく感じられることを論理的に明らかにするとともに、その実例として自らの講演旅行や日常生活の折々に描いたスケッチ画と俳句などを収め、日時計主義の生き方を提示します。目の前に映る諸相への視点を一変させ、人生を明るく、豊かに創造するための絶好の指南書と言えましょう。

【目次より】
第1部 続 日時計主義とは何か?
 序章 太陽はいつも輝いている
  悪は実在しない
  心でつくる“現実世界”
  日時計主義に必要な心
  日時計主義を実践しよう

 第2章 絵心
  意識の向け方
  二つの脳
  絵は右脳で描く?
  干しブドウを食べる
  目覚めた心 豊かな心
  画家の目に学ぶ
  絵を描く理由――私の場合

 第3章 “日時計文学”を探して
  小さくても確かな幸せ
  枯葉は語る
  投句箱
  庄野潤三氏の小説
  少女ポリアンナ

 第4章 偶然と奇蹟
  「偶然はない」ということ
  アリを踏む
  「偶然だ」は意識がつくる
  「奇蹟」の意味
  火星の人面岩
  奇蹟について
  確率ゼロの出来事
  当り前に生きる

第2部 日時計主義実験録
 スケッチ画集
 谷口雅宣句集


2006, Sekai-Seiten-Fukyu-Kyokai all rights reserved.

あわせて買いたい製品



日時計主義とは何か?



新版 生活読本