講師会

講師会だより 2021年5月


地方講師会長
生井 伸和
合掌、ありがとうございます。
 青葉の美しい季節となり木々を吹き抜ける風も爽やかな5月となりました。
 国内では新型コロナウイルス感染症が2021年4月中旬頃から感染者数が急激な拡大をしています。
 そのような中で高齢者向けのワクチン接種も進められています。
 関連して教区内の教化部行事予定が変更される事もありました。今もなお油断の出来ない厳しい状態が続いています。
 皆様にはそれぞれの日常生活の中で生長の家の信仰を行じて下さいますことに、そしてご理解とご協力を賜わりますことに心より感謝を申し上げます。

 2021年4月には本年度の全国幹部研鑽会・全国大会の代替策“新しい文明”の基礎を作るための生長の家ネットフォーラムのオンデマンド配信がありました。

 大平收一本部講師、佐藤香奈美本部講師の素晴らしいご講話がごさいました。コロナ禍の中で私達は多くの事を学んでいます。生長の家総裁・谷口雅宣先生は困難の中で「内に宿る神」の声を聴く(機関誌2021年4月号)より次のように御指導下さいます。

 諺に「窮すれば通ず」というのがあります。もともとは『易経』の言葉ですから、中国人の知恵が表れている言葉です。意味は、「人生では、どうにもならないほど行き詰まった状態になると、かえって解決の道が開かれ、何とかなる」ということです。(中略)これに対し、生長の家では何というかご存じですか?

 それは、「八方塞がりでも、天井は開いている」という教えです。(中略)これは、第二代総裁の谷口清超先生が『人は天窓から入る』というご著書などで説かれたものです。(中略)自分は肉体ではなく神の御心を体現した神の子である、という自覚から問題に取り組めば、解決の道は必ずあるという意味です。(中略)今回のコロナショックで、私たちの運動も大きな転換を迫られているのですが、私たちは「八方塞がりでも、天井は開いている」という教えと共に、厳しい状況の中でも「必要にブツ突かれば、吾々のうちに奥深く隠れている力が呼び覚まされて起ち上る」という雅春先生の「内に宿り給う神」の教えを実践する機会が目の前にあるということに気がつかねばならないのです。

 今のきびしいコロナ禍の中で私たちは今一度、総裁先生ご夫妻のご著書を拝読させて頂き真理研鑽にネットフォーラム行事参加に取り組みましょう。
 コロナ禍は私達の無限の可能性を引き出してくれる機会ととらえ日時計主義の実践を明るく、しかし用心深く神の子の生活を致しましょう。

再拝

 

 

ネットフォーラム定例講師研修会・母親ネットフォーラム勉強会

※ 5月の「ネットフォーラム定例講師研修会」「母親ネットフォーラム勉強会」は新型コロナウイルス感染症拡大防止対策に協力するため、下記の日程でフェイスブック「SOK生長の家大阪講師会」にてweb配信いたします。まだメンバーになられていない講師の皆様は、フェイスブック内の「友達」に招待していただくか、地方講師会までご連絡下さい。

フェイスブック「SOK生長の家大阪講師会」web配信

【母親ネットフォーラム勉強会】
日 時 : 5月23日(日) 10:00 〜

【ネットフォーラム定例講師研修会】
日 時 : 5月23日(日) 13:00 〜

辞令伝達の様子  辞令伝達の様子


5月のネットフォーラム(研修版)

【推奨動画】 九折スタジオから(48)― 「ムスビの働きを考える」 ―
【テキスト】 『ムスビの概念の普遍性を学ぶ』 『宗教はなぜ都会を離れるか?

5月の母親ネットフォーラム(研修版)

【推奨動画】 齋藤 義宗 生長の家本部講師 『当たり前に感謝して、喜びの生活を』
【テキスト】 『この星で生きる

 

 

生長の家ネットフォーラム開催の喜び

新任講師勉強会を 生長の家ネットフォーラムで2020年8月16日(日)と9月6日(日)にZoomにて開催されました。

  • 生井講師会長
  • 講話
  • 北城副会長

 

 開催者感想 

 令和2年8月16日(19名)と9月6日(21名)の2回にわたり、令和2年度新任講師勉強会をZoom使用にて開催いたしました。 過去3年を遡り、新しく講師並びに光明実践委員を拝命された方々を対象とした勉強会ですが、今回初めてネットを使用しての開催となりました。 各々1時間10分の限られた時間ではございますが、「地方講師の使命と任務@A」「生長の家の教えを新しい人にどのように伝えるか?」「個人指導の原理」等これから講師として活躍される方々にとって大変意義ある勉強会となりました。参加者も「これから講師として活躍するうえで勉強になった」との感想を頂きました。 これからの可能性を感じた素晴らしい勉強会となりました。ありがとうございます。

 

平成30年度地方講師・光明実践委員試験に67名が受験!!


 平成30年11月11日、大阪教化部3階大拝殿にて「平成30年度地方講師・光明実践委員試験(昇格・新規)」が行われました。
  今年度は、地方講師の教化員から準教務への昇格受験者が39名(白鳩会30名、相愛会9名)、地方講師の新規受験者が25名(白鳩会20名、相愛会4名、青年会1名)のほか、光明実践委員の新規受験者が3名の合計67名の皆様が受験しました。

 受験者の皆様は、今年平成30年4月から10月までに毎月開催された「昇格受験勉強会」又は「新規受験勉強会」で、テーマ別の学習や論文の練習等を通して、合格に必要な生長の家のみ教えの研鑽に励み、試験会場に臨みました。
 当日は、試験開始前に教化部長・久利修先生の先導で祈られている受験者の姿がたいへん美しく、凜とした清らかな雰囲気に会場が満たされました。

  また、地方講師会役員全員で、受験者お1人お1人の合格祈願のため、別室にて聖経を読誦させて頂きました。

 

 

 

素晴らしい誌友会のご案内

楽しい誌友会のお写真大募集!

誌友会こそが、人類光明化運動・国際平和信仰運動の基盤である。今いる参加者お一人お一人を神の子として、礼拝しよう!

(※ 枠がグレーの画像はクリックすると拡大画像が表示されます。)

東大津東陽白鳩会誌友会 和牧野家族誌友会 スイートピー花のつどい

三宅白鳩会誌友会 東山本第二相愛会誌友会 大阪青年誌友会

 

【誌友会を素晴らしくするポイント】(会場主用)

1、神想観中に、「参加者祝福の祈り」をしましょう。
  誌友会当日の2週間ほど前から実施する。祝福の祈りは必ず、相手に伝わりますから、参加者はもちろん、出講講師も含めて祝福しましょう。

2、テーマを決定しましょう。
  参加者に喜ばれるテーマを考えましょう。「生長の家のよい話があります」だけでは足りません。
  自分が一般の講演会へ行くとき、テーマを知らずに聞きに行きますか?
   【テーマの例】
    1)誌友会テーマ
    2)普及誌の特集テーマから選ぶ
      例1: 楽しい物づくりライフ (いのちの輪)
      例2: 心の重荷を軽くする (日時計24)
      例3: めざめよ、心美人 (白鳩)
    3)特に悩んでいる方がおられたら、特別に決めてもよい
      「第2の人生の過ごし方」「夫婦のあり方」
      「健康長寿の仕方」など

3、講師出講の確認を取りましょう。
  講師に良い話をしていただくためにも最低2週間前には、講師に確認を取りましょう。
   1)日時・場所
   2)テーマ・テキスト
   3)講話の時間 (40 〜 60分)
   4)参加者の人数、性別や年齢構成など
  ※直前の確認もしましょう。 (前日または当日)
  ※月の前半開催は、新天地が未発行で、講師がわからない場合あり。
    その場合は、講師会事務局へ直接確認ください。
   (相、青、栄のみ。白はHP掲載済み)

4、参加対象者のお誘いをしましょう。
  最低1週間前には、電話・ハガキ・家庭訪問にてお誘いしましょう。

5、参加者全員に発言してもらいましょう。
  講師の講話は長くても1時間【註】で終えていただき、残り30分以上は、参加者全員に発言してもらいましょう。
  (司会が不慣れの場合は、講師にお願いをするとよいです。)
  参加者は、自分のことを聞いてほしくて、たまらないものです。必ず、盛り上がり、満足して帰っていただけます。

6、参加者にお礼をしましょう。
  特に新しい人や久しぶりの方に対して、翌日、お電話やハガキにて行い、次月度の開催内容もご案内いたしましょう。

【註】 5の講師の講話時間は40分〜60分です

 

関連リンク


ISO14001