青年会

青年のページ 2021年5月


青年会委員長
横田 朋哉
 合掌、ありがとうございます。
 先月2021年4月、中高生対象の青少年ネットフォーラムが開催され、17名のご参加がありました。
 お陰様で大盛会となり、お誘い頂いた皆様、運営にご協力頂きました皆様に、心より感謝申し上げます。ありがとうございました。
 4月は学生にとって節目の季節ということもあり、将来の夢について語り合う時間がありました。整備士や研究者といった具体的な夢に向かって、コロナ禍において先行きが見えない時代であっても、生長の家の信仰をもとに前向きに生活を送る彼らのまっすぐな言葉は、本当に素晴らしくて感動しました。

 またその後に開催された小学生対象の青少年ネットフォーラムでは、44名のご参加があり、前回+(プラス)9名でこちらも大盛会となりました。重ねて御礼申し上げます。

 特に今回のネットフォーラムでは絵本や紙芝居を活用した時間も組み込みました。小学生にとっても非常に理解しやすく、伝わりやすい内容で構成されており、その後の解説では信仰としっかりと結びつけてお届けできたのではないかと思います。今後もネットフォーラムの可能性を広げ、青少年にとって伝えるべき大切なものは何かを考え、形にしていきます。大阪では新たな感染者が日々報告されていますが、これまでの人類の考え方を改め、「神・自然・人間は本来一体」の教えを広く私達の日常生活に反映させていかなくては、何も変わりません。

 まず私達から行動する。そして数年後にはスタンダードになるよう、倫理的な生き方を進めてまいりましょう。

再拝

 

神・自然・人間の大調和の世界を表現していきましょう

青年会副委員長
中濱 真之
 合掌、ありがとうございます。
 新型コロナウイルスの蔓延により、それまでの生活が一変された方も多いと思います。
 私はテレワークを経験することはありませんでしたが、影響はありました。昨年2020年、会社で重点施策と言われたプロジェクトを担当することになり、早速設計から部品手配をしました。
  ところが、短納期と謳われていた国内メーカーの部品が、実は海外生産品でロックダウンにより生産できない状況だと言われ、調達に苦労しました。

 様々な部品が、安く早く作ろうと海外から莫大なエネルギーを使用し、日本に運ばれている現実を目の当たりにしました。この経験を通して、新型コロナウイルスは、私たちが無意識に物質的、経済的な豊かさを求めすぎていることを教えてくださっている観世音菩薩様なのだと感じることができました。

 新型コロナウイルスという観世音菩薩のメッセージを受取り、私たち一人一人が神・自然・人間の大調和した世界の実現に向け、表現してまいりましょう。

再拝

 

 

大学生ネットフォーラム開催の喜び

 2021年3月6日(土)〜3月7日(日)まで「日時計主義を実践して未来を描こう!」をテーマに大学生ネットフォーラムが開催されました。
 大阪教区から10名、他教区から7名の、合計17名が参加されました。

 3月6日(土)の夜には大阪・山梨教区のコラボレーションを企画し、“自分の価値に気づき自信を持つ方法”と題して聖典拝読とディスカッションを行いました。

3月7日(日)には「自然と人間は本来一体」と題しての動画解説とQ&Aを金内崇幸・青年会会長に担当して頂きました。大学生として、また、これから社会に出ていく上で必要な事を学びました。2日間でしたが大学生同士の交流を持つ良い機会となりました。

 

 

 

青年のための生長の家ネットフォーラム開催の喜び

 令和2年11月8日(日)〜11月15日(日)まで〜心に太陽を!! 青年のみんなに会おう〜をテーマにネットフォーラムが開催されました。  期間中、和歌山教区を始め、他教区からの参加や、遠く海外からの参加もあり、総勢42名の参加がありました。  最終日11月15日には、青年会会長・金内崇幸本部講師から組織指導を頂き、ネットフォーラムならではの良さを発揮できた、すばらしい行事となりました。

 参加者者感想 
  • ●自然のリズムに沿って生きていくことが心の豊かさにつながる。絵手紙絵封筒などに挑戦して、人との繋がりを大切にしたい。
  • ●金内会長のお父さんの話を聞いて自分の母との思い出と重なった。普段リモートでことを済ますことが多いので、手紙などを書いてみたい。
  • ●コロナウイルスになって気づくことが多く、PBSが広がっているのを感じた。大阪でできる自然に与え返す生き方をしたい。

 

 

 

ISO14001