相愛会

躍進する相愛会 2021年5月


相愛会連合会長
長部 彰弘
見方を変える
 合掌、ありがとうございます。
 相愛会は「ネットフォーラム」による真理の伝道が会員の皆様のご努力により、お蔭様でたいへん盛んになり、4月は約30会場で開催されました。そこで話題の中心は、「ウィズコロナ」はコロナを敵と見るが、真理ではウイルスは神の命を宿して出現したもの…
 私は常に如何なる微生物をも恐れることなく、常に自己の心を反省して天地一切のものと和解するのである。生長の家創始者・谷口雅春先生、生長の家総裁・谷口雅宣先生共著『万物調和六章経』29頁「天下無敵となる祈り」より)というところでした。

 新型コロナウイルス感染症拡大を防止するためには、この真理をさらに、多くの方にお伝えする必要があり、普及誌購読者の拡大、聖使命会員の拡大が重要です。そこで相愛会員の皆様には、祝福讃嘆の祈りをお願いいたします。それは、それぞれの拡大対象者は勿論ですが、まずは一番励んでいただける役員・幹部、そして身近な会員の祝福です。

 大阪手帳の13〜16頁「祝福名簿」にお名前を記載し、「すばらしい神の子〇〇〇〇さんは完全円満・健康・豊かなり」という同10〜11頁の祈りの言葉を、神想観の際に具体的に声に出し、相手の笑顔を思い出して祝福いたしましょう。

 最初は形だけですが、毎日のように繰り返すことで心がこもっていき、信念が強くなり、必ず相手に伝わっていきます。すると必ず成果が現れてきます。そこで大切なことは次の真理です。

 心に描くことによって自分の心が「心の力」によってその事物をつくり出すのだと思ってはならない。「我れみずからにては何事をも成し得ず、天の父われにいまして御業を成さしめたまうのである」と云う謙遜の心がなければならない。(生長の家創始者・谷口雅春先生著・新版『真理』第10巻228頁より)

 つまり、我の運動になってはいけないということです。生長の家白鳩会総裁・谷口純子先生は、ご著書『森の日ぐらし』154頁「見方を変える」にて、次のようにお説きくださっています。

 この世界に善はあるだろうかと見てみるのだ。すると現実の世界には悪や悲惨、悲劇はあるけれども、それ以上に喜びや美しさ、人々の助け合い、思いやりなどが満ちているということに気が付くだろう。(中略)この世界の善は実は身近にあり、そんなに難しくもなく、少し見方を変えればすぐに手の届くところにある。

 この見方の変え方が祝福讃嘆であり、我れみずからにては何事も成し得ずの謙遜な心です。相愛会運動にご協力をお願い申し上げます。

再拝

 

 

相愛会長全体会議ネットフォーラム(会議版)が開催されました

“相愛会長全体会議ネットフォーラム(会議版)が大盛会で終了”

 合掌 ありがとうございます。
 去る、2021年3月28日(日)「相愛会長全体会議ネットフォーラム会議版」を開催いたしました。

 プログラムの内容は國分靖雄講師の体験談、聖使命会費取扱者10年表彰の大高陽講師と松井秀敏氏(代理・住永哲一講師)に表彰状の授与、各総連会長から活動発表、笑いの練習、新たに設けられ各総連より選出されました聖使命会員・普及誌購読者の推進担当者の紹介と自己紹介、それに伴う位置づけと推進会議について、ネットフォーラム研修版開催の主催者と参加者からの喜びの発表がありました。

 主催者からは“このコロナ禍で会員と電話等でしか連絡できなかったのがZoomZoomで顔を合わせることが出来たことは相愛会の存続にも繋がり良かった”、そしてネットフォーラム参加者からは“ZoomZoomで皆様の顔が見れて安心できる。”“真理の話も聞けて有難い。”“まだスマホ操作が難しい方は連合会主催の「スマホ勉強会」に参加したら良い”等の喜びの発表がありました。

 その後、特別誓願券成果、PBS登録の推進等があり、これからの相愛会活動が活発となる大変有意義な会議で終了致しました。皆様のご参加に感謝すると共に今回ご参加出来なかった方には、次回のご参加をお願い致します。当日の参加者は50名でした。ありがとうございました。

再拝

 

聖使命・普及誌拡大のための合同ネットフォーラムが開催されました


 令和3年1月9日(土)10時より聖使命・普及誌拡大のための合同会議ネットフォーラムが開催されました。住永哲一講師より、聖使命について、「相愛会長の手引き」から引用して「聖使命会員になるということは、(中略)尊い浄財を収める菩薩になる」ということを、また湊裕史講師より、普及誌拡大について、『生命の實相 第1巻』、『選ばれた人々』から引用して「本書があなたたちのお手に入ったということは決して偶然ではない」ということを力強く説明して頂きました。39名の方にご参加頂きました。

聖使命・普及誌拡大のための合同ネットフォーラムが開催 聖使命・普及誌拡大のための合同ネットフォーラムが開催

 

令和2年度 相愛会「ネットフォーラム浄心行」が素晴らしい雰囲気のもと開催されました

 合掌 ありがとうございます。
 昨年2020年12月5日に「浄心行ネットフォーラム」の意義説明がZoomZoomとyoutubeで配信されました。
 浄心行の意義説明を生見元忠講師会副会長より説明があり、終了後に参加者より「大変分かりやすい説明でした」、「なぜ浄心行をするのか理解できました」等々の感想を頂きました。

 意義説明を受けて、12月13日に「浄心行実修」を岡田幸久教化部事務局長の先導のもと実施されました。
 始めてリモートで浄心行を実修致しますので、対面とは違い画面で参加されている方に雰囲気が伝わるのだろうか等の心配もありましたが、実修後参加者より、「対面のような雰囲気で感動いたしました」、「久し振りに浄心行を受けて体の方も益々元気になりました」、「会場全体が、大変厳かな雰囲気で素晴らしかった」、「一年に一度浄心行を受けさせて頂き、気分新たに新年を迎えられます」等々の感想を頂きました。

 参加人数は、12月5日の“意義説明”ZoomZoom参加は、42名youtubeでの視聴は36名でした。
12月13日の“浄心行実修”の参加者は、ZoomZoom参加者42名youtubeでの視聴者40名でした。今は、対面行事が難しい時期ではありますが、ネットフォーラムを活用することにより、新しい企画が生まれ旧態依然から脱却し、将に時代に即した運動が展開されようとしています。
 令和3年度も引き続き相愛会行事を新たに展開してまいります。浄心行にご参加・ご推進頂きました皆様誠に感謝申し上げます。

再拝

 相愛会「ネットフォーラム浄心行」の様子  

【意義説明】

 2020年12月5日(土)14:00 〜 15:20 “浄心行ネットフォーラム”の意義説明が講師会副会長の生見元忠講師によりZoomZoom、youtube配信を使い配信されました。新版『人間苦の解放宣言』、新版『詳説 神想観』をテキストに使かわれ、体験談のお話もこころ引けつけるものがあり、画面に食いついて聞かせていただきました。

   

   

【浄心行実修】

2020年12月13日(日)14:00 〜 15:30 “浄心行ネットフォーラム”が岡田幸久教化部事務局長の先導により開催されました。今回もZoomZoom、youtube配信を使い配信され、郵送にて集まりました約190通の浄心行懺悔文が焼納されました。初めての取り組みにも関わらず、高い関心があり、大変好評でした。

   

関連リンク


ISO14001