新天地

新天地 2023年1月


 


教化部長 久利 修
 
 新年、明けまして、おめでとうございます。
令和5年の光輝く年を迎え、大神の祝福を受け、悦びと幸せの中、総裁・谷口雅宣先生、白鳩会総裁・谷口純子先生のご指導を賜り、皆様方と心を一つにして真理宣布に邁進できますこと、心より感謝申し上げます。
  昨年2月、突如、ロシアによるウクライナへの軍事侵攻が始まり、今も、憂慮すべき状態が続いています。
人類光明化運動・国際平和信仰運動を推進する生長の家では、ウクライナを支援する運動「P4U―ウクライナに平和を」を時期を逸せず、迅速に進めることとなり、大阪教区においても5月に「P4U大阪・和歌山自転車リレー」を開催、大阪教区35名、和歌山教区7名の総勢42名の走者が大阪城から和歌山城に至る120キロの距離を走破し、岸和田駅前では青年会員によるウクライナ支援募金活動が行われました。

 3月から始まった「ウクライナ緊急支援募金」の総額は7百万円を超え、国連WFP、日本ユニセフ、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)に寄付され、ウクライナ避難民支援のために活用されています。
 大阪教区の皆さまのご愛念に、心から感謝・御礼申し上げます。

  8月23日「ウクライナ国旗の日パレード」を実施、大阪上本町駅周辺2ヵ所に分かれてパレード、その後4ヵ所で募金活動を行いました。
9月27日、全国一斉に「世界平和六章経連続リレー読誦」を実施。「大調和の神示」『万物調和六章経』『人類同胞大調和六章経』を先導者を変えて、続けてリレー形式で読誦。各六章経の先導者は全国から30名の方が選出され、大阪教区からは6名の講師が先導、大調和へと心を振り向け、一日も早いウクライナ侵攻の終結と、神・自然・人間の大調和の実現を祈りました。

  教化部会館玄関の絵馬架けに奉納された「ウクライナの平和を祈る・絵馬」は「てぶくろ」513体、「どうぶつ」529体、合計1,042体が奉納されています。
総裁・谷口雅宣先生は、ウクライナ危機に対し“新バージョン”の「世界平和の祈り」を発表くださいました。
 同「祈り」の2番にある言葉「御中」について次のように説明くださっています。
  『「御中」というのは、生物種の中にある命のデザイン“みたいなものですね。宗教的な言葉を使えば、“神のアイデア”です。それが生物それぞれの中に生きていますから、それに神さまから受けた「愛の霊光」が入っていって、絶滅しかけている生物種は元気を取り戻し、自然界での自分の役割をになってもらいたい。もちろんそのためには、人類がそういう生物種に生息地や栄養源の面で譲っていく必要がある。そのつもりで世界平和の祈りをするのです。
 生物種すべてを「はなはだ良し」とされた神の御心に、すべてのものが中心帰一するということを、私たちの決意とともに祈りの中で念じていただきたい。』
(『生長の家』2022年5月号15頁)

 昨年の9月に、3年に一度の定期役員改選が行われ、光明化運動を担う新しい役員体制に移行いたしました。白鳩会、相愛会、青年会、栄える会、生教会の組織長は再任、講師会は北城敬之氏が講師会長に選ばれました。
  新しい任に就かれた方、再任された方、第一線組織の全ての役員の方々に、守護の高級霊が天下り、益々、神の祝福が満ち溢れるようになることでしょう。「私心を去り」「栄光を神に帰す」すばらしいリーダーとして、ご活躍くださいますことを心より、祈念申し上げます。
 新年度の運動においては、地域組織とPBSの関係が明確になり、地域組織を運動組織の“基本構造”、PBSを“特殊構造”として保持・運用することになりました。そこで、重要なことは、主にPBSが推進してきた “倫理的な生活”の実践は、地域組織においても積極的に踏み行うということです。

 次に、重村ひろ子講師からの嬉しい手紙の一部です。 
 合掌(前略)コロナ禍自粛で、スマホを教えていただき、今では生長の家の行事もオンラインで参加出来、出かけなくても自宅で参加しやすくなりました。
地区連の皆様とも誌友会や毎週一回の輪読勉強会と、声だけの繋がりですが、楽しい輪が出来ています。気軽に参加出来るのもスマホのおかげです。
 3年間 「白鳩」誌を送っていた友達も、9月より聖使命会員となり、勉強会に参加して、生長の家の生き方、真理を学び、感動しています。

 『聖経 真理の吟唱』(141頁)の「新しき天地に生まれる祈り」には
『われわれはこの遷り易る現象世界に住みながらも常住不変のただ善のみの世界を諦観するとき、このうつり変わる現象世界に「永遠の善の世界」が影をうつして、現象世界に、ただ善のみの世界が展開する。これが地上に永久平和の天国楽園を建設する唯一の道なのである。』と示されています。
「神・自然・人間は本来一体なり」の自覚を深め、世界平和の実現に向かって力強く邁進して参りましょう。

 

 

謹んで新年の御祝詞を申し上げます


 謹んで新年の御祝詞を申し上げます

 

 



ISO14001