生命学園

生命学園とは

生命学園は、日本と世界の未来を担う子供達に、自信と勇気に満ちて、内なる可能性を十分発揮させながら、夢や希望の実現に向かって力強く歩んでもらうためにあります。また、全てのいのちを大切にし、愛深く、他を生かし、世界に貢献できる人に育てる場でもあります。人間は神の子、完全円満、無限の可能性があり、それぞれの子供には個性・天分が宿っている。1人1人の子供の本当の姿を信じて、それを信じ、観つづけた時、子供本来の素晴らしさが現れて参ります。さらに、創作活動を通して、子供達の無限の可能性を引き出し、未来に貢献できる素晴らしい人材へと育成して参ります。

生命学園 児童募集

 

生命学園特集号

『神・自然・人間は本来一体なり』の真理を子供達と共に、体感体得しよう!!

偉大なる「生命学園」での学び

久利 修 教化部長教化部長 久利 修 合掌 ありがとうございます。 「人間は神の子である。1人1人が皆、尊い尊い存在である。」幼少より、この“生長の家の教育法”によって育てられた人々は幸せであります。
 「人間は何のために生まれてきたのか。人間がこの世に生まれてきた目的は何か?」との問いに明確な答えを見い出せない混迷する現在社会の中にあって「人間は愛と知恵と義の本源である神の最高の自己実現であること。そして、自己の内には無限の可能性が宿っていること」を教えられ、感謝の心を学び、自己の内なる無限の可能性はどの様にすれば引き出すことが出来るのかを学び、少年、少女たちに、夢と希望と生き甲斐を与えることが出来る「生命学園」は誠に偉大であると申せましょう。

  私は、平成26年4月に大阪教区・教化部長として赴任いたしましたが、その同じ年の2月に、運動推進部・生教会担当参議として、熊本県教化部で開催された「九州ブロック生教会教区会長会議」に出席した時の事でした。平成11年4月から15年6月まで熊本教区の教化部長を勤めさせて頂いた事もあり、熊本教区の懐かしい信徒の人々と再会いたしました。そんな時です。「久利先生、わたし、誰だか分かりますか?」と、さわやかな美しい女子青年が近づいて来ました。親しみは感じるものの、どうしても誰だか思い出せません。「降参です。教えて下さい」と言うとくだんの女性は「私、坂梨です」と言われるのです。「エエーッ、あの生命学園に通っていた坂梨さん」。びっくりすると共に、彼女の生長ぶりには、本当に目を見張るものがありました。

  私が熊本に居た時には小学生であった彼女も今や妙齢の女子青年となり、10年の歳月が経つと、このように立派な生長の家の後継者となるのです。  この事からも、生命学園の果たす役割が、生長の家の発展にとって如何に重要であるかが実感されのです。  現在、大阪教区では18の「生命学園」が開設されており、1年間を単位としてカリキュラムが組まれています。そして、生長の家総裁・谷口雅宣先生がお説き下さる「ムスビの働き」により、「生命学園」卒園生からジュニアへ、さらに生高連、生学連、そして青年会へと教区全体で青少年を育成する体制が整い、次代を担う神の子が健やかに逞しく生長し、人と自然を愛し、将来、日本と世界に貢献できる素晴らしい人物が続々と輩出されています。 1人でも多くの少年少女達が「生命学園」に入園されますよう熱願する次第です。

 


生命学園で学びましょう

佐々木 あづま 生教会会長佐々木 あづま
 生教会会長
 教化部長・久利修先生ご指導のもと、各組織長の先生方のご理解・ご協力により、18の生命学園があります。
  この18の生命学園では、3月18日に教化部で「卒園式・修了式」があり、4月に改めて各学園毎に「入園式」を迎えます。
 全ての生命学園で児童を募集致します。募集の内容は学園毎に異なりますが、根本的な教えは統一され、次の内容を中心に指導致します。

 イ.お祈り(神想観や聖経読誦)「人間は皆素晴らしい神の子であるというお話」
 ロ.「人間・神の子」のお話で自信を持ち、成功と幸福への道を学ぶ。
 ハ.日本の神話や民話
 ニ.伝統行事(節分の豆まきのお面等)の作品づくり。
 ホ.書道や茶道を習ったり、和歌をつくる。
 ヘ.遠足や植樹、インタープリテーション等の野外授業を通して、自然と親しんで、豊かな人間性を養う。

 これらの授業内容をみんなで明るく楽しんで作品をつくったり、誕生会や演劇などで一体感を得ます。この様な実践を通して、「生長の家の教育」に基づく、正しい物事の見方や考え方、勉強の仕方等を全身で学び、各人に宿る“神の子・無限力”を楽しさの中で引き出します。そして、父母を敬い、先祖を尊び、日本の国を愛し、世界で活躍する心豊かなたくましい日本人を養成することを目的とします。更に各学園の所在地、園長・副園長・顧問・講師・助手、連絡先等も紹介していますので、お近くの生命学園に多くのお子様が入園されますよう、心よりお待ちしております。

 

 


お子様やお孫様をぜひ生命学園に

白鳩会連合会長 樋上 和子白鳩会連合会長
樋上 和子
 大阪教区では、今や18の生命学園が開催されるようになり、次世代を担う素晴らしい多くの神の子や、世界のお役に立つ頼もしい神の子が次々に誕生していますことを心よりお慶び申し上げます。
 生命学園では、児童に宿る素晴らしいダイヤモンドのような才能を「生長の家の教育法」で楽しみながらコトバの力を駆使して開花させています。

 大聖師・谷口雅春先生は、教育について、次のようにお説き下さっています。賞めてやるがよい。言葉の創造力を利用するのだ。賞めれば、賞める方向に子供は喜んでずんずん生長するものだ。

 思えば、私も幼い頃に母から「神の子、強い子、良い子」と言う言葉に支えられ、成長したこと。勉強の出来なかった小学生の頃、先生から、算数の計算で「1+1=2(いちたすいちはに)」が言えたことを大袈裟に誉められたことで、算数が好きになりました。その後、他の教科にも興味を持つようになり学校が楽しいと思えるようになったことを想いますと、いかに親や教師の言葉が子供の心に影響を与えるものであるかがわかります。

  生命学園では、コトバの力で児童に宿る神の子を引き出し、神から与えられた使命を生き、神・自然・人間の大調和を感じながら生きる素晴らしい児童の教育を目指しています。
 皆様方のお子様、お孫様が生命学園にご入園されますことを心よりお待ちしております。

 

 


子供の教育は「日時計主義」から

相愛会連合会長 草野 省三相愛会連合会長
草野 省三
 生長の家総裁・谷口雅宣先生は、ご著書『日時計主義とは何か?』の中で、次のように説かれています。
「教育の基本は「愛」と「信頼」と「明るさ」であるのに、「憎しみ」と「疑惑」と「暗黒」の情報が子供たちの環境を覆っていては、教育改革など絵空事である。まず、子供たちに一番近い親世代の人間が、人生と社会の「真実なるもの」「善なるもの」「美しいもの」を認め、讃美することから始めるべきである。親が人生に喜びを見出さずに、子が幸福を感じることなどできるはずがない。

 私のいう「人生の喜び」とは、収入の多寡や所有物の多さのことではない。他人と比較などしなくとも、自分の周囲に、そして自分そのものの中に、真実や善や美はあるのである。それを見出すための心の訓練が「日時計主義」である。」(4〜5頁より)と、ご指導頂いています。

 この基本信念をもって子供の内在の無限力を引き出すのが「生命学園」であります。幸いにも、大阪教区には、18の生命学園があり、その指導者も充実しております。今、あらゆる分野での急務は、後継者不足・後継者育成であります。育成には、「知」の教育と「心」の教育があります。少年・少女に一番大切なのは「心」の教育であります。

 是非お近くの「生命学園」に入園されて、神性・仏性を引き出す「心」の教育をお勧めいたします。

 

 


愛溢るる生命学園

青年委員長 横田 朋哉青年会委員長
横田 朋哉
 生長の家の御教えを幼い頃から学ぶことはとても重要なことだと思います。
 私の娘も生命学園に通っておりますが、神の子の標語の唱和や真理の勉強、季節ごとには芋掘りやみかん狩りを体験することで、大自然の恵みに感謝するとともに自然を愛する心を養います。それを見ていると、これからの日本、そして世界で活躍するであろう彼らが、人間神の子の教えを素直に学び、実践していることがどれほど尊いことかと思います。また、それを見守る先生方の眼差しは我が子を見るように温かく、そこに神様の限りない愛が充満していることを感じます。

 様々な分野で多様化がみられる現代において、信仰を“生き方”にする心が自然と子どもたちの中に芽生え、将来、世界の平和を考える青年になることを楽しみにしています。

 

 


ほめて、笑って

地方講師会長 長部 彰弘地方講師会長
長部 彰弘
 合掌 ありがとうございます。「彰ちゃんは、えらいね」これは、母を交通事故で失ったあと、突然この言葉が聞こえなくなってから、自分がこの励ましに約40年間支えられてきたことに気付きました。
 また、ほめて、ほめて、笑った顔しか思い出せないのが母の顔です。
 生長の家の生き方は「朗らかに、笑って生きる」です。私は、生命学園には行ったことはありませんが、母の教育はまさに生命学園の指導そのものだったと、今に思います。そういう意味では、これからの子供たちに、生長の家の真理を伝えるということが、その子供たちの人生をすばらしいものに開花させる重要な意味をなします。ほめて、ほめて、笑って、すばらしい生命学園を運営しましょう。

 

 


ふと思ったこと

栄える会会頭 麻野 秀明栄える会会頭
麻野 秀明
 私が長男の事で悩んでいた時にふと思ったことは、自分が小学6年生のときに1年だけ通った生長の家の日曜学校でした。今もあるのかを問い合わせたら、ちょうど、いずみ生命学園が開園される年でした。
 生命学園に家族4人で通わせて頂き、素晴らしい先生方のご指導を受け、様々な貴重な体験を通じて多くのことを学ばせて頂きました。生命学園での最大の学びは、両親への感謝と子供の問題は親が変われば全て解決するということでした。

 子供たちも生命学園と青少年練成会で、それぞれの神の子の実相を引き出して頂き、素晴らしい成人に成長させて頂きました。  生長の家の教育法を学ばせて頂ける生命学園により多くのお子さまが通われることを祈ります。

▲ ページのトップへ

平成30年3月18日「生命学園卒園式・修了式」に301名が参加!!

 

 平成30年3月18日、大阪教化部大拝殿にて、18生命学園の合同卒園式・修了式が執り行われ、総勢301名の方が参加されました。
 例年のように卒園証書が、教化部長・久利修先生より卒園生ひとりひとりに授与されました。その卒園生達の表情は緊張とともに希望に満ちあふれた様子でした。

 また、今年のプログラムは、恒例になっている「キャンドルサービス」「手遊び」等に加えて、児童演劇「おおきな木」が発表されました。これは、白鳩会総裁・谷口純子先生のご著書『この星で生きる』にも紹介された絵本『おおきな木』を基に演劇化したものです。発表に至るまでには、生命学園児童・卒園生・スタッフの皆さんが総力を挙げて取り組み、一所懸命練習を重ね、また、舞台道具ひとつひとつ時間をかけて丁寧に作り上げて実現したものです。その甲斐あって、ご覧いただいた皆さんに大好評を得ることができました。

 このように、充実した内容のプログラムで大きな節目となる儀式が終了し、卒園生達は明るいに未来に羽ばたき、生命学園はこれから更なる発展に導かれることでしょう!

(※ 枠がグレーの画像はクリックすると拡大画像が表示されます。)
    
    
    
    
    

 

▲ ページのトップへ

 

生命学園 開催日予定 2月

曜日 開催学園名 会場&時間
 2  3  日  さかい 生命学園  高石神社 (10:00 〜 12:30頃)
 2  3  日  いずみ 生命学園  和泉道場 (10:00 〜 12:30頃)
 2  9  土  くすのき 生命学園  原田静子宅 (10:00 〜 12:30頃)
 2 10  日  いずみ 生命学園  和泉道場 (10:00 〜 12:30頃)
 2 10  日  あさひ 生命学園  旭区道場 (10:00 〜 12:30頃)
 2 10  日  大阪 生命学園  大阪教化部 (10:00 〜 12:30頃)
 2 10  日  みのお 生命学園  箕面会館 (10:00 〜 12:30頃)
 2 10  日  高槻 生命学園  城内公民館 (10:00 〜 12:30頃)
 2 10  日  ひらかた 生命学園  井勢良子 宅 (10:00 〜 12:30頃)
 2 10  日  かわち 生命学園  河内道場 (10:00 〜 12:30頃)
 2 10  日  はぎはら 生命学園  大阪狭山市立コミュニティセンター (10:00 〜 12:30頃)
 2 10  日  阿倍野 生命学園  阿倍野道場 (10:00 〜 12:30頃)
 2 10  日  あわじ 生命学園  淡路道場 (10:00 〜 12:30頃)
 2 11  月  泉北ひかり 生命学園  穂積徳子 宅 (10:00 〜 12:30頃)
 2 11    大正ひかり 生命学園  アクティブ中泉尾会館 (10:00 〜 12:30頃)
 2 15  金  八戸ノ里 生命学園  祷良子宅 (10:00 〜 12:30頃)
 2 17  日  あわじ 生命学園  淡路道場 (10:00 〜 12:30頃)
 2 17  日  豊中 生命学園  岡上の町会館 (10:00 〜 12:30頃)

※ 生命学園のお申し込みは、生長の家大阪教化部へお問い合わせ下さい。 TEL:06−6961−3906

▲ ページのトップへ

 

皆で作った地蔵盆 (平成28年8月28日開催)

【 いずみ生命学園 父母の会会長  恒岡  かおり 】

  盆踊りの櫓(やぐら)を相愛会の方々が、早くから組んで下さり、毎年楽しみにしている“そうめん流し”の割り竹も風情よく準備して下さいました。生命学園の先生方、父母の会の方々は、2階大拝殿をゲーム会場として、青年会の方々もテキパキと小さなまとわりつく子供さんと共に、愛の心と力を込めて用意して下さいました。道場正門公園寄りの祠よりお地蔵様を大切に鈴木総務が移動され、皆様のご愛念で準備が整えられた後、続々と子供達が来られ、1年に1度着るか着ないかの日本伝統の可愛らしい浴衣に着替えていよいよ地蔵盆が始まりました。

  初めて来て下さった方、何も知らずに来て下さった親子、初めてお地蔵様に献花した皆様はどう感じられたでしょうか? 盆踊りでは生命学園の園長先生を筆頭に先生方が一生懸命小さなお子様を引き込んで下さいました。こういう経験が自然に日本の1年の年中行事として子供の心に残り、又、この道場でも続けて下さっている事に感謝致します。

  2階で先生方、父母の会のスタッフは、輪投げ・的当て・魚釣り・ゲートボール・ダーツ・スーパーボールすくいを担当して下さり、子供達は一生懸命遊んでくれました。そして今年は持ちすぎない・買いすぎないの生長の家の教えから景品がひとつとなりましたが、それには関係なく1、2歳の子供さんも同じ様に楽しく真剣な顔でゲームをし、何とも言えない可愛らしい表情を見せてくれました。

  皆さんがお腹の底から笑い、又美味しい手作りの魚肉ソーセージのアメリカンドッグ・そうめん・煮卵・フライドポテト・かき氷も頂き大満足した後に玄関で花火大会をしました。赤ちゃんから大人まで童心に戻り、「きれいね」「キャーキャー」などと夏の暑さも忘れ喜び合い、楽しい時間を過ごしました。

  来年も、おじいちゃん、おばあちゃんと一緒に三世代で、又お友達を誘っていっぱいの方々で、お帰りになられている御霊様と楽しめたらうれしいです。ご用意下さった皆様に心より感謝申し上げます。

  参加者は100名(相愛会:9名、白鳩会:8名、青年会:10名、生命学園:93名)を超える大盛況でした。
  本当に皆さんありがとうございました。

(※ 枠がグレーの画像はクリックすると拡大画像が表示されます。)
    
    
 

再拝

▲ ページのトップへ

 

平成28年度 生命学園一日研修会が開催されました

 平成28年9月3日に生命学園一日研修会が開催されました。参加者211名、その内児童56名の参加となりました。
午前の部では和歌の授業を行い、午後の部では伊藤先生のよる体験をまじえた講話をして頂きました。
大盛況の素晴らしい一日研修会となりました。

(※ 枠がグレーの画像はクリックすると拡大画像が表示されます。)
    

再拝

 

▲ ページのトップへ

 

生命学園喜びの声


【 跡見 弘美 】―― ストーリーテリングの授業 ――
私は、平成22年から阿倍野生命学園で語りのおはなし会をさせていただいています。その中で、一番印象深いのはY君でした。Y君は、幼稚園の頃から生命学園に通っていました。朝礼の時から皆と一緒に座ることができなくて、でも、気にはなるらしく、皆の後ろの方をウロウロしたり、どこかに行ってしまったりの繰り返しで、語りを聞ける状態ではありませんでした。そのうち、他の子に語っていると時々顔を出して、語っているおはなしに関する質問をするようになり、少しずつ、座って語りを聞けるようになっていきました。
もうひとり、印象深い子がいます。J君は生命学園でもゲーム機を手離さず、皆と一緒に座らず、ひとり廊下でゲームをしていました。そのうち、一度も語りを聞くことなく生命学園に来なくなってしまいました。

先日、そんな2人と久しぶりに、生命学園のおはなし会で会いました。Y君は、きちんと座って、私の目を見て語りを聞けるようになっていたので心配はありませんでしたが、J君は語りを聞いた経験がないので心配でした。はじめに私が自己紹介をしたあと、子ども達にも自己紹介をしてもらいました。J君は私と目を合わせることなく、自己紹介をしてくれました。でも、私が語り始めると寝ころがってはいましたが、ずっと顔をこちらに向け、私の目を見ながら、要所ではうなづき、最後までおはなしを楽しんでくれました。なぞなぞの出てくるおはなしでは一所懸命答えてくれ、30分があっという間に過ぎました。座ることができずウロウロしていたY君の成長ぶり、周囲の大人を拒否するかのようにゲームの中に閉じこもっていたJ君の成長ぶりを目の当たりにし、心が震えるような感動を覚えました。そして、彼らの実相を信じ、祈り続けてこられた御家族や、来なくなっても度々連絡をし、生命学園に誘い続け祈ってこられた阿倍野生命学園の先生方に、感謝の気持ちでいっぱいです。

どうぞ皆様、このようなすばらしい生命学園に、お子様・お孫様を通わせてあげてください。そして時々、私の語りを一緒に楽しんでいただけたら、うれしく思います。

再拝

▲ ページのトップへ

平成29年6月28日開催の生命学園一日研修会に185名が参加しました。

平成29年6月28日(日)大阪教化部2階中道場にて生命学園一日研修会が開催され、185名(大人133名、園児52名)が参加されました。

プログラムは「手遊び」から始まり、「モデル授業」、「みんなで歌いましょう」、「ほめほめキラキラ」(相互讃嘆)、「神想観練習」、「教化部長挨拶」、「ストロー笛、作成と練習」と楽しさ満載。参加者は皆、童心に返り、楽しい一日を過ごしました。

(※ 枠がグレーの画像はクリックすると拡大画像が表示されます。)
    

    

    

    

    

    

    

 

▲ ページのトップへ

生命学園卒園式・修了式(平成29年3月22日)

(※ 枠がグレーの画像はクリックすると拡大画像が表示されます。)
    

    

    

    

    

   

     

   

   

   

   

再拝

▲ ページのトップへ

生命学園のご紹介


  • 園長 :眞藤園子
    副園長 : 二見伊津子
    顧問  :狩野香都
    講師 :真島俊子/谷口弘美/湯浅福子
    会場名 :旭区道場
    住所 :〒535-0002
         大阪市旭区大宮1-18-8




  • 園長 :大朝節子/副園長 :岡田由利
    顧問 :國領正俊
    講師 :西新知樹
    助手 :平清輝子/上田記代/美佐田和/沢田栄子/松井昌子/高島久美子
    会場名 :大阪教化部
    住所 :〒543-0001
        大阪市天王寺区上本町5-6-15



  • 園長 :瀬戸多惠子
    講師 :十菱秀子/玉川真理子/大塩薫/中井久美
    会場名 :
    住所 :〒558-0055
         大阪市住吉区万代4-1-4







  • 園長 : 田村園子
    副園長 :榊孝子/小山志保子
    顧問 :房本喜久美
    講師 :宮崎茂次/平塚久子/明嵐奈美恵/水島正子
    助手 :東マサ子/池口久美乃
    会場名 :淡路道場
    住所 :〒533-0021
        大阪市東淀川区下新庄1-8-22


  • 園長 :小田惠造
    副園長 :根来明子/山家敦子
    顧問 :松下美恵子
    講師 :岩本佐和子/中村千恵子/多田修子
    会場名 :岡上の町会館
    住所 :〒560-0023
         豊中市岡上の町1-8-38






  • 園長 :山川多加子
    副園長 :能勢ゆり子
    顧問 :中村綾子
    講師 :片岡和子
    助手 :鈴木よう子/圓淳子
    会場名 :箕面会館
    住所 :〒562-0001 
         箕面市箕面1-9-10







  • 園長 :小谷トシ子
    副園長 :藤田玲子
    顧問 :佐竹ひろみ
    講師 :西谷喜代/須賀恵美子/高橋栄子
    助手 :中島豊子/田中京子
    会場名 :城内公民館
    住所 :〒569-0076
         高槻市城内町1-1



  • 園長 :山根園
    顧問 :片岡絹枝
    講師 :山口百合子/松村裕子/柳谷佐由里/廣重正子
    助手 :神野恵子/松尾静江/美佐田幸子
    会場名 :春日寺内集会所
    住所 :〒570-0056
         守口市寺内町1-9-38





  • 園長 :重村ひろ子
    副園長 :井勢良子/長部智子
    顧問 :蔵口晴美
    講師 :福場江三子/池元初子/豊田かほる/菅原宣子
    助手 :山中公子/三木みどり/石尾フミ
    会場名 :井勢良子宅
    住所 :〒573-1182
         枚方市御殿山町14-9






  • 園長 :西本和子/副園長 :中尾久美
    顧問 :木村裕子
    講師 :内藤博美/小原郎子/吉川礼子/芝野カズヨ/中野多見子/石丸順子/宮崎ひとみ
    助手 :大向静江/大久保友紀/辰本智江/堀場ルリ子
    会場名 :河内道場
    住所 :〒577-0841
         東大阪市足代南1-5-11

     

  • 園長 :祷良子
    顧問 :今村淑美
    講師 :大依範子
    助手 :坂田千恵美
    会場名 :祷良子宅
    住所 :〒577-0034
         東大阪市御厨町2-2-35









  • 園長 :片岡美枝/副園長 :土澤聖子
    顧問 :前野泉美
    講師 :西口匡子/北岡美恵子/西田三十美/影山由佳/梶原房江/鷲尾美知子
    助手 :南直子
    会場名 :高石神社
    住所 :〒592-0004
         高石市高師浜4-1-19


  • 園長 :松山美繪/副園長 :山中美代子/松井貞子
    顧問 :瀧谷優子/高島寛子
    講師 :北畠良子/横田陽子/伊藤睦子/大谷睦美
    助手 :大久保充代/義久福代/穂積徳子/赤松邦子/吉松フミエ/藤本つえ子
    会場名 :穂積徳子宅
    住所 :〒590-0101
         堺市南区宮山台4-10-4

  • 園長 :小川智子/副園長 :松野一男/林ヒロ子/木村景子
    顧問 :野崎恵美子
    講師 :森下玲子/北悦子/三善陽子/竹尾君子/秋貴実代/林キヨ子/森陽子/鈴木武/河崎恵美
    助手 :田之畑志奈子/太田富美子/草川文代/勘六野美千子
    会場名 :和泉道場
    住所 :〒596-0825
         岸和田市土生町2-1-40


  • 園長 :野々村由喜子/副園長 :辻口美貴子
    顧問 :北林千代子
    講師 :住永哲一/住永章子/板東則子/井形京子/波多野由加
    助手 :森武子/辻口禎子/高橋真由美
    会場名 :大阪狭山市立コミュニティセンター
    住所 :〒599-0023
         大阪狭山市大野台2-1-5


  • 園長 :伊藤宏子/副園長 :大谷みなみ
    顧問 :奥野禎子
    講師 :佐々木あづま/跡見晶子/保田允子/宇津節子/立岩明美/張本千代/中野久仁子/阿部裕一
    助手 :中野純一
    会場名 :阿倍野道場
    住所 :〒545-0053
       大阪市阿倍野区松崎町3-6-20





  • 園長 :樫山淑江/副園長 :大森知子
    顧問 :奥野禎子
    助手 :仲宗根明美/菅由紀
    会場名 :アクティブ中泉尾会館
    住所 :〒551-0031
         大阪市大正区泉尾4-21-4







  • 園長 :原田静子/副園長 :千原真理子
    顧問 :奥野禎子
    講師 :瀧本由利子/小谷勝枝/濱山明子
    助手 :竹下妙子/木下彩子/森雅子/水野公代
    会場名 :原田静子宅
    住所 :〒586-0067
         河内長野市南青葉台4-6

▲ ページのトップへ