真理への道はただひとつ
「人間は神の子だ」ということである

講師会 2020年 4月

生長の家は「乱にいて治を忘れざる生活」です。日々、神想観の実修と聖経・讃歌の読誦をしよう!

講師会会長 藤原 克敏
藤原 克敏 地方講師会会長 「新型コロナウイルス」の感染拡大が懸念されており、その対応に国を挙げて取り組んでおり、皆様におかれましても大変心配されていることと存じます。
 生長の家の神示に『“心の法則”と“平和への道”の神示』があり、その中にこう示されています。

 吾が来れるは古え誤れる道徳観念を修正し、新しき正しき生き方を人類に示さんがためである。『治にいて乱を忘れず』と言うのが古き人類の道徳であったが、『生長の家』の生き方は乱にいて治を忘れざる生活である。(中略)

 如何なる高徳の者も『心の法則』の外に出ることは出来ぬ。汝ら心して乱を思うこと勿れ、心して病を思うこと勿れ、乱の真っただ中にいてすらも、実相の世界の常住平和を思え。汝ら真に実在世界の平和を思えば、汝の世界にも平和は来るのである。また汝ら病の真っただ中にいてすらも、本当の汝の常住健康を思え。汝ら真に実在の汝の健康を念えば健康は来るのである。(中略)

 乱の中にいても心の平和を失わぬ修行をすることである。そのためには常々神想観の修行をさしてある。

 日々、神想観の実修と聖経・讃歌の読誦をしっかりとされることをお願い致します。

 

魅力ある誌友会実現のため、研修会・勉強会には必ず出席しよう!

身近な自然に感謝の気持ちを伝えたい

【遠藤 初美】

 「美しい地球を子供たちに」のテーマで発表しました。
 私は1ヶ月前から聖経・讚歌5巻読誦行をはじめ、その中で特に『自然と人間の大調和を観ずる祈り』『大自然讚歌』を毎日誦んでるうちに、地球に申し訳ないとの思いがこみ上げてきて涙が出てきました。

 地球も生きている。地球があるから私達は今、ここに生きていられるのだから、私達はもっと自然の恩恵に感謝して、地球を愛して自然界に与え返す生活をしていくことが大切だと思いました。

 私達大人の役目は、次世代の子供達にその心と姿を見せ、身近な自然に感謝を伝え、美しい地球がいつまでも続くことを祈りながら倫理的な生活を送っていくことだと思います。

 

2020年度 日曜誌友会(個人相談日)の担当講師です!

 2018年3月より「日曜誌友会(個人相談日)」が開始され、テキストの『光明法語』を活用し、毎月感動の集いとなっています。誌友会に参加された方で更に真理を学びたい方、個人相談を希望される方等に喜ばれています。

 本年度の6月迄の日程、担当講師は次の通りです。(敬称略)

 2020年
 ・ 4月 5日 西村 せつ子 / ・ 5月10日 本島 彰 / ・ 6月14日 荒木 弘子

 

2020年 4月研修会・勉強会のご案内

日 時:2020年4月21日(火)10:00~13:30
指 導:稙田 茂樹 教化部長
※ マスク着用でご出席ください。

【第1部 地方講師会】

 ・5月度誌友会テーマ:「善一元の神への信仰」
 ・テキスト:『生長の家の信仰について』、『新版 真理 第10巻 実相篇

【第2部 母親教室出講勉強会】

 ・5月度母親教室テーマ:「子供の心に届くしつけ ―実相を観る―」
             *「子供と一緒に家庭菜園を」
 ・テキスト:『いのちが悦ぶ生活』、
       『シリーズ・女の幸せを求めて 生きる意味を知ったとき 生長の家『白鳩』体験手記選7

 

 

↑ PAGE TOP